AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

絵本のいいところ

アッティはあまり活発なタイプではありません。(いまのところ)
良く言えばとっても集中力があります。

1つの物に集中して長く遊べます。
好きなテレビだと30分以上集中して見ています。
「好きな絵本をもっておいで~」と言うと本棚から好きな絵本を持ってきて最後まで見ていられることが多いです。(途中で「バイバイ」と止めちゃう時もありますが。。。)
私の英語の勉強にとつき合わされ4~6歳の子が見るような本も見せています。

私が個人的にいいなーと思う絵本の良いところはイメージが豊かになることといろいろな言葉に触れる機会が増えることです。
アッティの語彙が増えるにつれ、たくさん聞いている言葉から話し始めるんだなぁと実感しています。アッティが話せる言葉は良く絵本に出てくるものが多いです。
3ヶ月の頃から絵本を見せていますが10ヶ月の頃良く見せていた絵本でその後あまり見せていなかった『おつきさまこんばんは』を本棚から持ってきて「ムーン!」と言いながら読んで欲しいと言ったり、『タンタンのハンカチ』を持ってきて「タンタン!!」と言ったりします。
赤ちゃんの記憶力ってすごいなーーーと感心しています。
最初は泣くことが主な表現方法だった赤ちゃんが表情、身振り、言葉と表現力が広がりいろんな方法で表現することを楽しみます。

日常生活ってそんなにドキドキするようなことはおきません。
でも、絵本の世界ではいつも新しい発見やドキドキがいっぱいです!
子どもの想像力を育む絵本の読み聞かせはこれからも続けていきたいと思います。

さて今週からスクールホリデーです。
図書館ではホリデープログラムとして子どものアクティビティがあります。
そのひとつ今回はに『Summer Reading Club』があります。誰でも参加できるとのことで早速アッティも登録しました。
自分で目標を何冊か決めて5週間のホリデーの間に本を読むというもの。
アッティは自分で読むわけではないのですがせっかくなので読んだ本を記録してあげたいなーと思います。写真の中央がパスポート。
最近見ている本の一部を一緒に写してみました。
d0139138_13194883.jpg

[PR]
by aupokapoka | 2008-12-11 13:19 | 言葉の発達