AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:英語( 3 )

まぁ、なんとか。。。

明日の誕生日を前にしてお天気も悪いし、誰も起きてこない朝、ふと英語について考えました。
オーストラリアに来てもうすぐ3年になりますが私の英語・・・
日本人的には「私英語出来ないんです。。。」といわなくちゃいけないレベル。

でも来た当初に比べれば進歩しました!
最初はテレビもちんぷんかんぷん。
→今では簡単なニュースも聞けるようになったし
→小さい子向けの子ども番組は楽しめる(大きい子向けは×>_<)
簡単な絵本は読めるようになったし
マザーグースの歌など子どもが歌う歌も歌えるようになったし
病院の予約等の電話も出来るようになったし

3年前に比べればまぁ進歩。(と自分を褒めて)←オーストラリア流(自分を褒める)
反省すべきはもっと読み書きの機会を作らなくちゃいけない点。

さて、こんな私もオーストラリアで少しでも収入をえているのだから立派なものです。
それは私の日本での経験と資格(幼稚園教諭2年、保育園1年)が生きているからとこの分野の仕事が好きだからだと思います。また私に子どもを預けてくれる保護者の方に日本に対する理解があって言葉がつたなくてもしっかり子どもに対応してくれると感じてもらえているのが嬉しく助けられています。

暮らしてみると言葉って後からついてくるものだなーと思います。
(無理のない程度に外に出る機会を作るようにはしています)
言葉がつたなくても気持ちが通じる人とは話が弾みますし、楽しいです。
仕事もそう、私のコーディネーターやオフィスの人はみんな優しく丁寧に対応してくれます。
私の周りの方の私に対する対応にいつも感謝しますし、私もそういう風に人に接する事が出来たらなぁと目標になります。

パパとよく話しますが例えばアッティがバイリンガルになったとしてもそれは言葉が2つ出来るだけ。
日本にいれば日本語ができて当たり前だしオーストラリアにいれば英語が出来て当たり前。
言葉に関わらず自分らしく人生を楽しめる人になって欲しいなーと思います。

しかも日本語と英語はまったく正反対。
言葉の配置もそうだし、Yes/Noも逆。
基本は英語のアッティも私が日本語感覚なので時々Yes/Noの返答が逆な事があります。
こればかりは仕方がないのでアッティが自分で後から修正する機会を得るでしょう(と期待しています)

明日から34歳。
苦手な英語の読み書きもせめて小学生レベルまで上げていけるようにしよう!
と思います。
[PR]
by aupokapoka | 2010-02-27 07:10 | 英語

ピーターラビット

朝9時、いつものようにアッティの好きなテレビ番組を見ようとテレビをつけていると違う番組が始まりました。

美しい風景の中で女性が絵を描いている様子が実写で映し出され、うさぎやアヒルなどの動物も出てきました。雨が降りはじめ、急いで家に戻った女性はおもむろにペンを持ちお茶を入れて手紙を書き始めたのです。
いつもの子ども番組と少し違った雰囲気に思わず見入っていたらタイトルが出てきました。
『THE WORLD OF RETTER RABBIT AND FREIENDS』
なんとピーターラビットのお話でした。

有名なお話とは知っていましたが読んだ事はありませんでした。
(学生の頃、小さなBOX絵本を購入した事がありましたが洋書だったので読まないまま、たしか引越しの時にお友達に引き取っていただいたと思います。)

怠け者の私は日本にいた頃はゆっくり洋書の絵本を読む(=英語を勉強する)ことになかなか気持ちが向きませんでした。
今ならあの小さな絵本をじっくり読んでみたいなと思います。

絵が素晴らしいのはもちろんですが内容もとても素敵!!
すっかりピーターラビットの世界に引き込まれてしまった私。
他のお話はアッティには難しいですがなぜか『THE TALE OF PEETER RABBIT』のお話は大のお気に入りで何度も「ピーター、ラビット」といいながら集中して観ていました。
Mr.マクレガーに追いかけられたり、ハラハラ、ドキドキのストーリーはアッティにもわかりやすいみたいです。
好きなものに出会うと意欲が湧くので私も普段は怠けてしまってしない単語のチェックなどをしながら何度も繰り返し観ています。

やってみたい、こうなりたいという意欲や目標を持つ事はとっても大事だなーと思いつつ、今度図書館で本も借りてみようと思うのでした。
[PR]
by aupokapoka | 2009-01-23 06:16 | 英語

Ta

暮らしに慣れてくるとだんだん英語も聞こえてくるようになります。
面白いのが「Ta

最初にこの言葉を知ったのは半年ほど前、図書館で会うソフィアのお母さんスーザンナがソフィアに「Say ta」と教えていたので「What does ta meam?」と訪ねると「Thank you」のことでone of baby word(幼児語)とのこと。
なるほど~。

パパにそれを言うと、大人も普通に使うよー。
会社でもみんな「Ta」って言ってるよ。

え?そうなの?!

それからよーーーーく注意して聞くと確かに!
スーパーのレジでお金を渡す時、店員さんが「Ta」といっていたりショッピングセンターの通路で道を譲るとやっぱり「Ta」といわれたり、知らないと聞き取れない言葉も知ってると聞こえるから不思議。
分かるとやっぱり楽しい!

1年前はスーパーのチラシを見るのもやっとだったけど最近は地域の子ども情報誌や新聞なども嫌がらずに見るようにしています。テレビのニュースもだんだん聞こえるようになってきました。
私の英語の勉強はポレポレです。
[PR]
by aupokapoka | 2008-09-04 12:46 | 英語