AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:言葉の発達( 22 )

日本語

4月から日本にいたら1年生になるアッティ、オーストラリアQLD州ではすでに2年生。
アッティの英語は順調。
特にリーディングはすごいです。(私は当の昔に追い越されました。)
Math(算数)もパパに似て才能があるらしい+パパが楽しく放課後レッスンをしているのでびっくりするようなこともできます。
-2+6=?なんていうのは教えなくても4って答えるし足し算、引き算は4桁までも完璧にこなすし掛け算は12の段までマスター。わり算も理解してこなします。
d0139138_20571517.jpg

パパと楽しくやっているYear 3(3年生)のドリル。
なんといってもパパの堪忍袋の尾がとーーーーっても長いのアッティのおしゃべりにも付き合いシールを上げたり一緒に遊んだり飴と鞭を使い分けて(笑)楽しく勉強しているらしい。

さて私の担当は日本語。
ひらがな・カタカナはほとんどマスターしたけど漢字がと少々不安でしたがアッティ結構頑張っています。
4月のイースターホリデーに3年ぶりに日本にいくのを機会にお小遣いをあげる事にしました。
感じ一個につき1ポイント。なんでもいいから日本語の本を1冊読んだら30ポイント。
1ポイント1円に換算してあげるから日本に行ったときに好きなものを買っていいよというと、
これが思いのほか大ヒットでアッティは結構楽しく取り組んでいます。

d0139138_2145798.jpg


母から送ってもらった漢字練習帳が大活躍。
ルールは簡単。
1、知ってる漢字を書いて横に読み仮名をつける。
2、読み仮名が違えば同じ漢字を書いてもいい。

最初は好きな漢字を見つけて書き順を教えて何回か練習させていたんですがつまらないのでなかなか取り掛かりが悪かったです。

ポイント制はアッティのやる気に火をつけたようです(笑)

またアッティは今日本で公開されているディズニー映画『アナと雪の女王』の歌が大好き!
「Let it go~, let it go~」とかなりなりきって歌っているのでiPadで松たか子が歌う日本語ヴァージョンの『Let it go』を見せました。
するとどうでしょう?アッティが「この漢字は知っている漢字に似ているから覚えられそう、マミー教えてください」と言い出しました。

曲を聞かせてひらがなで書かせ知っているところは漢字で。
アッティ大喜びで取り組んでいます。
d0139138_211705.jpg


何でも楽しく取り組んでくれるといいですね。

最後にアッティのお部屋紹介。(散らかっていますが)
d0139138_21182412.jpg


ふざけて机の上に座っちゃうところがオージーなアッティです。
[PR]
by aupokapoka | 2014-03-29 21:19 | 言葉の発達

アッティの日本語

ひらがなやカタカナの練習をはじめたアッティ。
アッティは『ひらがなのほん』を書き始めました。

あわあたこのあ。あたこあそぶのすき。
いわいちごのい。いちごすうき。
うわうさぎのう。うさぎかわいい。
えわえびのえ。えびおいしい。
おわおかあさんのお。おかあさんだいすき。

かわかいるのか。かいるはみどり。
きわきもののき。きものすてき。
くわくるまのく。くるまはやい。
けわけしごむのけ。けしごむでものおとれる。
こわこんにちはのこ。あいさつはたいせつ。

とこんな感じにひらがな表の前で書いています。

英語ではサウンドアウトといって音を聞いて字を書くことからはじめます。
なのでアッティが音の通りに字を書き始めても不思議はありません。

なんといってもやる気が大事なのでアッティのやりたいようにやらせています。

エビおいしい。着物素敵。
などはしばしに日本の文化が垣間見えるアッティの『ひらがなのほん』なんとも微笑ましいです。
[PR]
by aupokapoka | 2013-08-13 18:44 | 言葉の発達

さすが日本人の子ども?

ここ数週間のアッティの日本語の上達ぶりはすごいです!
朝家を出るパパに以前は「いってらっしゃーい」だけだったのにこの頃は
「いってらっしゃーい。お父さん今日はどっちの車、使うの?」(私が車を使わない日は私の車をパパが使うので)と聞いたり、
「お父さん、ギニーちゃん鳴いてるよ。にんじんあげてください。」(ギニーピッグはドアの開け閉めの音がわかりパパが朝ドアを開けると必ず『おなかすいた~』と鳴いて訴えます)

しかもアッティは几帳面な性格なので一度覚えた事はしっかり守ろうとするタイプ。
英語では「Thank you」「please」が基本中の基本でこちらの親はしつこいくらいにこの2つの言葉をきちんと言えるように小さい時から繰り返し子どもにいいます。
英語が出来ない我家でもこの2つはしっかり教えました。
知っていて得する事は小さいうちに身に付けば一生もの!!
なのでアッティは聞いたり頼んだりする時は結構丁寧。

なので日本語になっても「アッティ、パジャマを片付けてきてください」というと「はい、わかりました。」といって行動。
「上手にできたわね。お母さん、とっても嬉しいわ」(私も丁寧にゆっくり話すようにしています)というとアッティも嬉しそう。
公園に歩いていく時の話題は決まって花の話し。
アッティ「お母さん何色の花が好き?」
私「お母さんは黄色の花が好きよ」
アッティ「アッティは桃色と緑の花が好きです。」
私「そう、アッティは桃色と緑の花が好きなのね。黄色の花も好きですか?」
アッティ「アッティはだけ桃色と緑の花がだけ好きです」
私「アッティは桃色と緑の花だけ、好きなのね。」
アッティ「そう。お母さん、あとでお花をとってみましょう。」
私「そうね。帰りにとって帰りましょう。」
こんな感じにベーシックなやり取りをしています。
だけは英語でonlyですが文の中で入る位置が日本語と英語ではまったく違うので時々混乱するアッティですが本人が意欲を持って話そうとしているのであえて触れずに正しい言葉で受け答えをします。

他にもDaddy will see it later(お父さんはそれをあとで見ます。)といいたい時に「お父さん見ます、あとで」と英語を置き換えて言います。
子どもの吸収力ってすごいですね。
アッティの日本語の表現がどんどん増えてきました。

せっかくなのでなにかいい日本語のDVDがないかな~、アッティの語彙も増えるだろうし。
やはり子どもに見せたいテレビといえば世界名作劇場!
私が大好きだった『ふしぎな島のフローネ』を見せたいと思って(私が見たい)探して購入しました。
久しぶりに観るフローネとその家族は丁寧な日本語を話しています。
せっかく身に付けるなら丁寧できちんとした日本語を話せた方がいいですものね。
思ったとおり教材としてはピッタリ!しかも話の内容がとても良いです。

家族で協力して何かに取り組んだり、考えたり、周囲の人とのコミュニケーションのとり方もそうですが、家族の中で「お父さん」を筆頭に「お母さん」も子ども達もそれぞれ自分の役割があって深い愛情の元、お互い助け合って生活しています。
日本語はもちろん家族という社会を学ぶ為にもとても良いと思います。

アッティのお返事「はい、わかりました」がとってもかわいらしく愛おしく思います。
素直で元気に育ってくれたらいいなぁ~。
[PR]
by aupokapoka | 2010-11-18 12:44 | 言葉の発達

日本語

基本的に英語でコミュニケーションをとっているアッティ、実は日本語は理解して聞く事ができます。
我家は夫婦間は日本語。(日本人夫婦なので当たり前ですね。)
以前は日本語で聞いても英語で答える事がほとんどでしたがここ最近進んで日本語で話そうとする意欲が見られるようになってきました。
今日も夕飯の時に「Mummy, could you prepare my water?」と聞いてきたので「アッティ日本語でいってみて。」というとなんと教えたわけでもないのに「お母さん、お水ください」といえました!
パパも私も目が点。
「アッティ、すごいね~。日本語上手だね~!!」と褒めまくると本人もすごく嬉しそう!!

我家の基本方針は言葉で本人が自信をなくしたり引っ込み思案になったりしないように基本的には英語で育ててきました。小さいうちからいろんな人とコミュニケーションをとって欲しいのでオーストラリアで暮らす以上は英語が出来た方が良いだろう、+親が英語で苦労しているので子どもに苦労させたくないという思いがあります。
日本語は出来たら良いな~くらいにしか思っていないのですが興味のあるときに機会を与えたらよく吸収するのが子どもというもの、今がいいチャンスかもしれません。
アッティの様子もあって今年いっぱいで仕事を休止(→仕事をしていると家でも英語にする必要があるので)してアッティの日本語の向上に向けてたくさん日本語を使っていきたいと思います。

日本語を話すアッティ、とってもかわいいんですよ。
「私の名前は〇〇です。」
「私のお父さんの名前は~です。」
等ベーシックなものから
最近のアッティは甘いピンク色の牛乳(イチゴミルク?)をどうしても買って欲しい(病気の時にカロリー摂取のために普段は絶対買わない甘いミルクを飲ませたら気に入ったらしい>_<)ので何度も聞いてきます。
しかも日本語で
「アッティはももいろ(桃色)牛乳が飲みたいです。」っていうから面白いです。

言葉はコミュニケーションの道具、楽しみながら覚えていって欲しいです。
[PR]
by aupokapoka | 2010-11-05 18:45 | 言葉の発達

自己紹介

最近、日本語に興味を持ち始めたアッティ。
夕飯の仕度をしているとキッチンにきて「こんにちは」と私に声を掛け、「さようなら」と言って別の部屋に行くことを何度も繰り返したり自主練習に励んでいます。
ここ数日は自己紹介にはまっていて「こんにちは。私の名前はアッティです」と上手にいえるようになりました。
さて今日は練習の成果を試す機会が来ました。
パパの同僚のジュンさん(日本人在豪23年)の家にお呼ばれしたのです。
ジュンさんは5人のお子さんのお母さん。
一番上は30歳下は15歳のお子さんと言うので私達の母親より少し若いくらいでしょうか。

お宅にお邪魔して初めて会うジュンさんに
「こんにちは、私の名前はあたこです。キャロットケーキどうぞ。」とお土産に持っていったキャロットケーキを渡す事ができました。
これには私達もびっくり!!
日本語で上手に初めて自己紹介ができました!!
親の会話を日本語で聞いているとは言え聞く頻度と使う頻度に乏しい日本語できちんと自己紹介ができるってすごい!

ジュンさんはとても明るく笑顔の素敵な方でおしゃべりに花が咲きました!
お子さん達も食器洗いやら洗濯物の取り込み等きちんと家事をこなしていて素敵だなと思いました。
お宅はブリスベンCityまで10分くらいのところで緑に囲まれた素敵なところでした。
今度は家にも遊びに来てくださいね、と約束をして帰ってきました。
アッティは他の人のお家に伺うのも、誰かに遊びに来てもらうのも大好き!

来週は直子さんとその旦那さんクリスが遊びに来てくれます。
直子さんはパパがTAFEに行っていた時のクラスメート。
アッティの事もとてもかわいがってくれます。

言葉はコミュニケーションの手段の1つ。
話したい!気持ちを伝えたい!と感じる事が言葉の発達には欠かせません。
どの言葉でも心地よく自分の気持ちを伝えられるような環境を少しでも多く作ってあげられたらと思います。
オーストラリアで出会った素敵な方々、いろんな人生経験をされている方が多くお話をしていてとっても楽しいです。
素敵な方に囲まれ本当に幸せだなぁーと感じます。
[PR]
by aupokapoka | 2010-07-25 19:10 | 言葉の発達

むしいた!!

日本から戻ってきて10日あまりが過ぎました。
すっかりオーストラリアの生活リズムに戻り夜は8時半就寝、朝は7時起床のリズムに戻ったアッティ。
一時はどうなる事かと思ったけど一安心です。

今朝起きるなり「Mummy!ムシイタ!!」と血相を変えて言いに来たので何の事かと思えば、
なんと廊下に小さな虫を見つけたようでした。
日本でずいぶん日本語を覚えて帰ってきたので毎日のようにアッティから新しい言葉が飛び出します。
この「虫、いた!」も初めてだったので一瞬???と思いました(笑)

最近は毎日のように童謡を勝手に歌っては楽しんでいますし、日本語で表現しようとする事が増えました。
一昨日公園からの帰り道、Jodieと手をつなぎながら「お花! お花!」と道端で花を摘むのが大好きなアッティが話しながら歩いているとJodieも「オハナ、オハナ」と真似をしています。
子どもならではというか言葉遊びですね。
いろんな言葉に触れるって楽しい事なぁーとJodieや他の子も感じてくれたら嬉しいです。
d0139138_13414717.jpg

冬晴れのいい天気。
公園で追いかけっこをするのが大好きな子ども達、私はヘトヘトです。。。
[PR]
by aupokapoka | 2010-06-20 13:42 | 言葉の発達

いろんな言葉

アッティ2歳9ヶ月。
アッティ is chatterbox.(よくしゃべります。)

英語ではコミニケーションに困る事はほとんどないし日本語も聞くのはOK、答えるのは英語。
アッティの中で2つの違う言葉があることを知っていてこれは英語これは日本語と区別しています。
「Mummy, thank you in Japanease ありがとう、car in Japanese くるま」
といった具合に自分でこの言葉は日本語ではこう言うと理解しています。

ところが先日「Mummy, Yummy in Japanese, delicioso! 」と言い出しました。
???
「アッティ 日本語では『おいしい』だよ」
というと本人はdelicioso!だと言い張ります(笑)

これはオーストラリアでも大人気のイギリスの子ども番組『DORA the EXPLORER』の影響。
主人公の女の子ドーラが3つの課題に取り組み問題を解決するという約25分のストーリー。
課題に取り組むときに視聴者に語りかけてくれるので楽しみながら数や色などを覚えられます。
(よくできた番組だなぁ~といつも感心します。)
英語はもちろんですが
その中でスペイン語も覚えられます。
「Yum yum yum yum yum,delicioso!」
つまりdelicioso!はスペイン語なんです。

私達はスペイン語は知りませんのでアッティは英語以外の言葉=日本語に思えたみたいです(笑)
それにしても子どもの言葉の吸収力ってすごいです。
どんどん吸収するので小さいうちにいろんな音に触れる環境にあるアッティはラッキーですね。

前回日本に行ったのがアッティの2歳の誕生日前。
2週間の滞在の中でずいぶん日本語を覚えました。
あの時は飛行機の中で大泣きして大変でしたが本人曰く「耳が痛かった」との事。
「もう痛くならないからまた日本に行きたい。じいちゃん、ばあちゃんに会いたい」と最近はよく言うので次に日本に行くときにはもっともっと日本語を覚えるに違いありません。

楽しみです!
[PR]
by aupokapoka | 2010-03-13 06:11 | 言葉の発達

通訳希望?

アッティ2歳半、この頃よく日本語が飛び出します!

「Mummy, rubbish in Japanese, ごみ」
とゴミを捨てに行くときに言ったり、
「crying in Japanese, ないてる」
と公園で他の子が泣いているのを見ていったり、
スーパーの冷蔵コーナーで
「It's cold!!」と言った後に
「Mummy, do you know? cold in Japanese, つめたい」
とこんな風にあえて教えたわけでもないのにやっぱり聞いて知っているみたいでいろんな言葉を翻訳(!?)します。
発音はまだまだですが(いわゆる英語圏の人が片言の日本語を話す感じ)アッティのなかで英語と日本語は違う言葉でアッティなりに楽しんで吸収しているみたいです。

う~ん、面白い。
はっきり言ってアッティにこれ以上英語で何かを教えたり伝えたりするのは不可能>_<
私の英語力の限界です。
今後はアッティ自らの力で英語は習得して私に教えて欲しいです。
日本語はアッティの興味に応じて少しずつ教えてあげられたらと思います。

私達夫婦がアッティに贈りたかったギフトの1つは言葉の環境。
2歳半の現在で少なくても2つの言葉を理解するアッティ、世界にはいろんな人がいていろんな言葉を話す事を知って大きな視野でいろんな事を考えられる人になって欲しいなぁ。。。
パパとママの願いです。
[PR]
by aupokapoka | 2010-01-08 22:29 | 言葉の発達

日本語

昨日の私のOFFに先日ショッピングセンターで偶然再会したお友だちが遊びにきてくれました。
5歳の女の子と3歳半の男の子のお母さんで実は移住の際にいろいろメールで情報をくれた方です。

ちょっとのお茶のみのつもりがあれよあれよと言う間にお昼過ぎ4時間くらいおしゃべりをしていました。

アッティは大はしゃぎ!!
かくれんぼをしたり砂遊びをしたり、ブロックで遊んだり。。。
アッティは基本的に英語で話すので5歳の女の子は???と最初は顔をしかめていましたが慣れてくるとアッティが彼女の日本語をコピーして日本語のいろんな単語を発していました。

かくれんぼで「もういいかい?」と「まぁだだよー。」の定番の日本語もコピーしていたし、
女の子の名前も「○○ちゃん」としっかり『ちゃん』が言えるようになりました。

この頃メキメキと日本語も覚えだしたアッティ、それにしても子ども同士の関わりって重要だなーと思います。
ほんの少し一緒にいるだけでどんどんコピーして覚えてしまうんですもんね。
もちろんアッティの場合は親の話す日本語を聞いているので発語の下準備ができているのかもしれません。

機会を見て日本語を話すお友達とも関わっていけたらと思います。
[PR]
by aupokapoka | 2009-12-18 05:40 | 言葉の発達

バイリンガル?!

2つ以上の言葉を完璧に使いこなす人ってすごいなぁーといつも尊敬します。
アッティにそうなって欲しいかと言うとあまり期待はしていないのが私達の本音。

基本は英語。(オーストラリアで暮らしているので)
日本語はコミュニケーションができるようになれば良いなぁーと言う程度にしか思っていません。

最近のアッティはJodieの影響もあって益々よく話します。
パパとシャワーを浴びた後
「Mummy! Daddy make me shainy!! 」(ダディが私の事をピカピカにしたの!)
と嬉しそうにバスルームから出てきたり、
ダディが何の仕事をしているか尋ねると
「Daddy is checking medicines for sick people.」(ダディは病気の人のために薬のチェックをしているの)と教えたことをきちんと理解して話します。

我家の英語は適当なので合っているかわかりませんが通じればOK!
最近は日本語を突然言い出す事もあります。

言葉ってコミニュケーションの手段。
日本語にしろ英語にしろきちんとした技能や特技を身に付けて将来社会のために役立つ人になって欲しいなぁと言うのが私達の願いです。
好きな職業を見つけて自身を持って働いて欲しいです。

よく何で日本語を教えないの?
と聞かれることがありますが2歳半のアッティでも英語でお友だちとコミュニケーションをとって楽しんでいます。今のアッティが日本語しかしゃべらなかったらJodieともコミュニケーションがとれずに私に頼ってしまいます。もちろん小学校に行くと否が応でも英語を話すようになるとどなたも口を揃えて言います。
それも本当だと思います。
でも現在のアッティが楽しそうにお友だちとコミュニケーションをとっている様子を見ると英語を優先的に使って育ててきてよかったなぁーと思います。

もうすぐ3回目のクリスマス。
アッティ、今年は泣かないでサンタさんと写真が取れるかな?
[PR]
by aupokapoka | 2009-11-28 20:38 | 言葉の発達