AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:パパの役割( 5 )

母の日

あーなんて素敵な一日だったのでしょう。
母の日をこんなに素敵に過ごさせてもらうなんて嬉しい限りです。

どんな日だったかと言うと。。。

台所仕事をしなかった。
アッティの面倒を見なかった。
ひたすらのんびり過ごさせてもらいました。(あー嬉しい!)

数日前から母の日を待ちきれないアッティから一つずつプレゼントをもらい
金曜の夜にはパパから『日曜日は何でも好きな物を作ってあげるから選んでね』と料理の本を渡されました。
これにはびっくり!!
なんといっても家のパパ、料理はほとんどしませんから。。。
オーストラリアにきてBBQをするくらい。(こちらではBBQは男の仕事!)
考えに考えた末に『メンチカツ』をリクエスト。
面倒くさくてしない揚げ物。

アッティもマミーは一日ゆっくりして良いからね~との事。
アッティフリーデーなんて嬉しい!!!
(この頃反抗期みたいでなんでも言い返してくるので一緒にいると大変>_<)

朝起きていつものようにトーストを食べたら「パパとアッティは行ってきまーす!!」と二人で食材調達に出かけていった。
ちなみにオーストラリアでは母の日にはお母さんは朝寝坊をさせてもらってベッドでのんびり過ごし家族の人に朝食を作ってもらいベッドで食べるのが定番のようです。
私は私で一週間の食材調達に行った。

サンドイッチを作って軽いランチをとり私はアッティにもらった手作りバスソルトでのんびりバスタイム。
昼風呂です!!雑誌を持ってたっぷり1時間ぐらい入ってました。(嬉)
d0139138_19543277.jpg


その間にアッティとパパはカップケーキにデコレーションしている模様。
何でも自分でしたい言うことを聞かないアッティにパパの声もヒートアップ(笑)どうなる事かとハラハラしつつ知らないふりでお風呂のあとはベッドルームに直行。
ハーブティーを入れてベッドでのんびりぐうたらに過ごしました。
2時にアッティが
「ティーパーティーだよー!!」
と呼びにきてくれてパパが作ってくれたバンダバーグラム&自家製マンダリン入りのアップルサイダーとピンク色のカップケーキを頂きました。
パパはアッティと一緒の慣れない台所仕事にお疲れの様子。
メンチカツはなしかと思いきや夕ご飯に向けて頑張ってました。
d0139138_2025643.jpg

キャベツたっぷりの揚げたてのメンチカツはとっても美味しかったです。

アッティ&パパ素敵なMother's Dayをありがとう!!
[PR]
by aupokapoka | 2014-05-11 20:04 | パパの役割

社内移動?

先週、パパが社内の違うポジションに応募してみた。

パパが勤める製薬会社では時々社内でのポジションを募集します。
ポジションに空きがでると内部募集or一般募集があって希望する人が応募し、書類選考にパスしたら面接、サラリーの提示があってよければサインして決定という形をとるみたいです。

さて今のパパの仕事は薬の検査をする事。
例えば錠剤がUVでどれだけ安定性があるかとが、高温の環境でどのくらい品質を保てるかとか、いろいろなテストをします。何十キロの溶液を使ったり、体に有害な有機溶媒を使ったり(もちろんマスク等はしますが完璧に防御できるかは不明です>_<)と結構体力を使う事もあります。
お給料は時給〇〇ドル×週38時間×52週+残業をしたら残業代。

パパ曰く、「今は若いから良いけど年をとってきたら辛いかもね」
さらに有機溶媒を使ったテストをした日は明らかに疲れた感じで調子が悪そう。
「できれば危険な試薬に触れない仕事がいつかしたい」といっていました。

目標はレビューケミスト
テスト結果を解析するデスクワーク、お給料は年俸制になり残業はなし。
でもなかなか空きが出ないのと、レビュー同士のディスカッションがあったりと言葉の面で不安があるそう。
(口が達者なオージーの意見が通って、科学的な根拠とは違う結論に達する事もしばしばあるらしい)

ところが、先々週にふって湧いた話。
薬を当局に申請する部署(?)に空きが出たとのこと。
お給料は高くないけど年俸制、基本的に残業はなし。
危険な試薬にも触れないし、もっとゆとりがある生活が出来るかも!?

今のポジションではコーチを務めているパパ、与えられた仕事はバッチリこなし、新人さんに教えているんだけど相手によってはやっぱりストレスを感じる事も。
しかも根が頑張りやさんなので時間があると土曜日に我家の小遣いを調達に仕事にいっちゃう。
(希望すれば土曜日も働ける、しかも最初の3時間は時給の1、5倍、4時間目以降は2倍)
短時間でいいお金になるので自分の時間を削って働きにいっちゃう根がまじめなパパ。

昇進じゃないけど、年俸制になれば基本的に週38時間の勤務時間だし、土日は完全に休み。
危険な試薬に触れないのが魅力で応募したら、受かっちゃった!!
4~5人の小さな部署。
ボスはとってもいい人みたい。
しかも3ヶ月間の試用期間あり。仕事が合わない(出来ない)ときは元の部署に戻れる。
もともと今の仕事が嫌なわけじゃないのでこれは悪い話じゃないということで来年の1月半ばから新しい部署に行くことに決めました。(まだサインはしてないけど。。。)

2011年はゆとりのある生活、健康にもっと気を使いながら生活を楽しみたいと思います。
[PR]
by aupokapoka | 2010-12-27 06:17 | パパの役割

仕事時間

週40時間だったパパの勤務時間は週38時間に減りました。
お給料は同じ。ラッキー!
1月4日の仕事初め(オーストラリアにはそんな習慣はありませんが。。。)から適応されるようでウキウキして仕事に出かけました(笑)
フレックスなので6:00~9:30の間に仕事を始めればいいので融通が聞いて助かります。
6:00に始めたら今までは14:30に終業。
これからは14:06に終業です!早!!

パパ曰く仕事量は変わらないのでどうやって24分早く終わらせるかがポイントのようです。
もちろん仕事によっては残業になることもあるようですがとりあえず今年第1週目は1日7.6時間で終えてきて嬉しそうなパパ。
仕事と私生活をしっかり分けられるところが今の暮らしの良いところです。
[PR]
by aupokapoka | 2010-01-09 19:56 | パパの役割

パパの仕事

今週は大忙しのパパです。
なぜかと言うと日本からグループ会社の方が査察に来ているからです。

パパが働いているのはジェネリック薬の製薬会社で親会社はアメリカの〇イラン。
実は日本のグループ会社で販売している薬の8割の製造を外注しているとかで同じグループ会社のパパが勤める製薬会社が製造できればグループとしてコスト削減になるし利益にもなるいうプロジェクトが進行しているらしい。
薬を製造するにはそれに適した工場かという審査がなされて基準に満たないとそこで製造した薬を販売する事が出来ないようです。
しかも国によって基準は様々。
今回は日本向けの薬を製造すると言う事で日本の基準を満たさなければなりません。
実際に厚生労働省の人が査察に来る前にグループ会社の人に模擬査察をしてもらい本番に備えるようです。

さて日本から3人の方が来ました。
皆さん50代の会社のかなでは課長以上のクラスの方です。

パパは通訳を頼まれ今週は火・水・木の3日間は普段の業務から離れてミーティングに参加したりと違った業務になっているので忙しそう。。。
といってももう一人オーストラリア在住20年以上、日本では理科の先生をしていて翻訳の仕事もされたことがあるジュンさん(現在はアシスタントとして働いています)がほとんどの通訳をしてくれて、もともと話すのが得意じゃないパパは専門用語などが出てきた時に手伝うくらいだったみたいです。

ともあれ3日間の特別業務を終え、パパの感想。
「たとえ2倍の給料でも忙しい生活はしたくないなぁ。。。」とのこと。

日本から来られた3人の方、今週の月曜日は普通に会社に出勤しその足で成田に行き渡豪。
朝オーストラリアについてその足でパパの勤める会社に来てミーティングやら視察をこなし夕方は夕食会。
水曜木曜もフルに働き、金曜の朝に飛行機で日本に戻りました。
その間も報告書の作成やらミーティングの準備などいったいいつ寝ているのだろう?という感じだったそうです。
飛行機での移動だけでも大変なのに。。。

パパも日本で製薬会社に勤めていた時は朝7時に家を出て夜10時に帰ってくることも少なくありませんでした。(ちなみに会社まで自転車で15分の距離)
今考えるとどうしてそんな生活が出来たのか?と首を傾げてしまいます。

仕事と私生活、上手くバランスをとるのは大変です。
もちろん職種によると差はあると思いますがオーストラリアの方が家族との時間をとりやすいです。

ここ数日、パパの帰るが遅かったのでパパと遊びたくて夜なかなか寝なかったアッティ。
昨日は少し早めに帰宅したパパにたくさん遊んでもらって満足したのか8時半には「Good Night, Daddy!
」といってさらに右の頬にキス5回、左に1回、パパからのビッグキスのあとハグ(抱きしめてもらう事)をしてもらい、納得してベッドにいきました。(←アッティの寝る前の習慣です)

どうやらパパとたくさん遊ばないと納得しないみたいです。
日本で育っていたらどうなったんだろう?
[PR]
by aupokapoka | 2009-07-17 14:33 | パパの役割

プレゼント

パパが会社で貯めたポイント(?)でなんと150ドル分のギフトカードをくれた。

ポイントってな~に?
パパが働く製薬会社のラボでは薬の試験をしている。
新薬の開発というのではなく、すでにある薬の安定性を検査したり体の中でどのように溶けて吸収されるか測定したり。。。詳しくは難しいのでパス。
試験なのでうまくいかなくてやり直しになったりいろんなことが起きるみたいなんだけど1度でうまくいくとポイントがもらえるそう。
人によってはマネージメントがうまく人を動かすためにやってることだから興味がないという人もいるそう。でも、150ドルっておおきいよーーー。
パパはそれを貯めて今回ギフトカードに代えてプレゼントしてくれたみたい。普段切り詰めに切り詰めて生活しているので、
「何か欲しいものがあったら買ってね。」とパパ。まぁ、なんて嬉しい!!
でもその後に「少しは俺のものも買ってね。」だって。

何買おうかな~?
[PR]
by aupokapoka | 2008-08-18 22:11 | パパの役割