AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

12 months 予防接種

先週の木曜日、GPにいって予防接種を受けてきました。
生後6ヶ月の時以来の注射です。
待合室には数匹の金魚が中でゆったりと泳いでいる水槽があり娘はお喜びで観察していました。しかしいざDrの問診を追え処置室に入るとただならぬ雰囲気を感じたのか大泣き!
看護師さんはてきぱきと注射を右腕に1本、左腕に1本、右の太ももに1本打ちました。
計3本!!
そりゃー、痛いし怖いに違いない。
大泣きも娘をあやし「頑張ったね」とたくさん褒めてあげました。
やっと泣き止みヒック、ヒックとしながら指をくわえていた娘ですが看護師さんからレッドブック(子どもの記録をつけるもの)を受け取る時に看護師さんを見てまたまた大泣き>_<
看護師さんは悲しそうに「どの子も私の事が嫌いなのよ~」とボソッと言いました。
いえいえ、注射が嫌いなのです。
てきぱきと任務をこなす彼女はプロ!そんな彼女も一人の人間、赤ちゃんが泣くのは見ていて辛いのね。お世話様でした。

さて娘は今まで予防接種のたびに副反応で発熱し、解熱剤を飲ませていました。
今回も体調の変化を細かく観察。
ちょっぴり機嫌は悪いけど熱はない様子。
夜も何回か起きましたが寝付かないほどではありませんでした。
翌朝には太ももの注射部位が直径3cmほど赤くはれ硬くなっていましたが熱はやっぱり出ず夜には腫れもひいてきて娘の機嫌も良くなりました。

パナドールのお世話にならずに無事予防接種を終え、ホッと一安心です。
次は18ヶ月の予防接種なので半年後。
それが終われば政府から「予防接種をきちんとしましたボーナス」がもらえます。
なんていいシステムなんでしょう!
[PR]
by aupokapoka | 2008-06-30 12:48 | 社会福祉

察知した?

夜中の授乳Stop作戦が成功しなんだかウキウキ、気持ちも軽くなり就職活動(には程遠い)の第1歩として日本で言う職安みたいなところに行ってきました。
歩いていけるところにあるので散歩がてら娘と一緒に。

将来的には日本で働いていた経験を生かしChild careで働きたいなと思っています。
実際働く為にはこちらの資格を取らなくてはいけませんが最大の問題は英語力。
一朝一夕には上達しません。
現実的には無資格者でもアシスタントとして働けるみたいですがいつかはしっかり働きたいなと思っています。
今は娘の育児に専念中なので娘を連れて行けるところならどこにでもいって英語のレッスン&社会勉強をしてきます。

どこの国でも同じですがやはり小さい子どもがいて外に働きに出るのは大変です。
忙しいとどうしてもシワ寄せが子どもにいってしまうのでそれは避けたいと思っています。

でも職安では働きたい!とアピールしないと話が進みません。
なので、アピール!
私のただならぬ雰囲気を察知したのか、夜中の授乳をやめて寂しいのか、この頃なんだか甘えん坊になった娘。
昨晩は「お風呂行くよ~」とパパが行っても私の周りをグルグル回り離れません。
いつもならパパを追いかけて高速ハイハイで階段の下まで行って階段も上手に登るのに。。。
はて?何か察知したのかな?

大丈夫!ママはどこにも行かないよー!(というかいけないのよ、この英語力じゃ。。。)

それともGPにいって予防接種の予約もしたからそれを察知したのかな?

とにかく子どもは敏感。
母として気を引き締めなくてはと改めて思いました。
[PR]
by aupokapoka | 2008-06-26 14:11 | Parenting

大成功!!

夜中の授乳Stop大作戦。
早速、金曜の夕方仕事を終え帰宅したパパに相談。

パパにお願いしたことは
①娘の寝かしつけ
②もし夜中に泣いて起きたらあやして寝かしつける事。

パパはこちらの生まれたときから子どもを自立させて育てる育児(子どもは子ども部屋で寝かせる等)に共感しています。
娘は食事を自分で取ろうとする意欲は充分だし、欲しいものがあるときちんと要求したりコミニュケーションもとれます。
ずるずるおっぱいに頼るのは良くないと思うんだけど、、、と言うと納得。
私の夜中の授乳Stop作戦に快く協力してくれる事になりました。

いつもならお風呂に入った後、授乳中にパパが「おやすみ~」と室内の電気をけして授乳後にそのままベッドへ。。。
ところがその夜からはおっぱいを飲み終えさて寝るぞーという娘をお風呂上りのパパに預け、私が電気を消して「おやすみ~」と部屋を出ました。
なんだかキョトンとする娘、どうなるかなーと思いリビングで待つこと10分ほど。

「寝たよー」とパパがリビングへ来ました。
パパ曰く、お腹もいっぱいだから満足しているみたいですぐ寝たよとの事。

さて問題は夜中。
もし欲しがったら水分をあげてね。
と湯冷ましを準備。
とにかく泣いたら気を紛らわせてね、絵本を読んだりしても良いし少し遊んでも良いからね、とパパにお願いして寝ました。

私は寝る位置をパパと交換し娘から遠い方へ。
(私達は娘を同じ部屋でベビーベッドで寝せています。)

夜中、最近いつも起きていたのは0時過ぎ。
やっぱり起きました!!
パパ出番だよ!といって私は娘に見つからないよう布団にもぐりじっと息を潜めていました。

案の定ママじゃなーい!!と怒って大泣きの娘!
泣き声は次第に大きくなりました。
パパが抱っこすると大暴れ。
リビングに連れて行ったりあれこれ試行錯誤のパパ、でも泣き声は大きくなるばかり。。。
泣きすぎて咳き込むほど。。。
どうしよう?やっぱり無理かな。。。
ハラハラしながらじっと布団の中で待つこと30分程(後でパパにきいたところ)この時間の長かった事!!

パパの努力の甲斐あってやっと落ち着いたのか泣き声も聞こえなくなりパパもベッドに戻ってきました。
「寝たの?」と聞くと「寝たよ」とパパ。
やったー!!大成功
すごい!!
その後朝まで何度か夜中に寝ぼけて「ギャー」といったものの朝までぐっすり。
朝7時に起床し、すっきりした様子の娘。

私は自分の判断は正しかったと大満足。
パパは少々疲れ気味でしたが私が上機嫌で褒めたので嬉しそうでした。
パパは絵本を読んだり少しだけおもちゃで遊んだりいろいろ工夫してくれたようです。
でも用意した湯冷まし等には一切口をつけなかったとの事でやはりお腹がすいているわけではないみたいです。

さて2日目土曜の夜。
あっさり寝かし付けに成功したパパ。
夜中も1度泣いておきた娘でしたがパパにあやされ再びぐっすり。
その後も何度か寝ぼけて「ギャー」と声をあげた娘でしたが朝までよく眠り7時に起床。
パパはブラインドをめくり窓の外を見せて「暗いでしょ。夜はみんな寝るんだよ。」って言ったら落ち着いて眠ったよーと得意気に夜中の様子を教えてくれました。

日中は天気も良かったのでハイキングに出かけたっぷり日光浴。

3日目、日曜の夜。
パパと就寝。
夜中は何度か「ギャー」と声を上げましたがパパがポンポンとすると眠り、抱っこもなし。
朝までぐっすりで7時に起床。
私はすっかり安心して朝までぐっすり!!

妊娠中からよく夜中もトイレに起きていた私は夜通し眠ったのなんて本当に1年半ぶりくらいでしょうか。
なんて嬉しいんでしょう!!
体も気持ちも軽くなったよう。
と同時に娘の成長とここまで育ててきたという達成感。
パパの協力に感謝です!!

とはいっても娘はおっぱいを卒業したわけではありませんし、この数日は運よく成功しただけかもしれません。
気を引き締めて育児をしたいと思います。
娘は午前に1回、寝る前に1回は母乳で栄養を摂っていますので食事にも工夫し卒乳出来るよう促していきたいと思います。
[PR]
by aupokapoka | 2008-06-23 10:15 | Parenting

夜中の授乳

今まで完全母乳で育ててきました。
特に手がかかるわけでもなく夜中も1回授乳するかしないかで朝までぐっすりだった娘。
ところが最近は寝てから2回か3回夜中に起きておっぱいを要求します。
はて、どうしたものやら。。。
体力的にもきついし、娘は嚥下と咀嚼はずいぶん上手なのでもう少し食べ物で栄養を摂ってもらいたいと思っています。

原因をあれこれ考えると
①日中離乳食をあまり食べなくなった。
 というよりかなり頑固に自分で食べたい意志が強くスプーンで食べさせられるのを拒否!
 手づかみで食べたいようでおかゆは食べずやわらかく炊いたご飯を小さな塊にして目の前におくと気が向けばパクパク食べます。小さく切れば豚の角煮等のお肉類も食べます。
②刺激不足
 活発に動きようになり室内遊びと出かけるところが図書館と公園というワンパターンで少々飽き気味。とはいっても平日の日中は徒歩での移動なので行動範囲は限られてしまいます。
③泣けばおっぱいがもらえると知っている!
 試しに夜中に起きたときにパパにあやしてもらいましたがパパが近づくと手で払いのけ怒ってさらに大声で泣く始末。。。

う~ん、このままずるずると夜中に授乳するのは娘にも私にも良くないような気が。。。

フォローアップミルクは一切受け付けませんが幸い牛乳は大好き!
体重の減少もないので、心を決めて夜中の授乳をやめてみようかと思います。
でもこれにはパパの協力が不可欠。

今は夕食→30分くらい遊ぶ→お風呂→授乳→就寝(遅くても20時前)という生活リズムです。
これでは睡眠への導入が授乳と結びついています。おっぱいがなくても眠れるように寝かしつけの方法も工夫してみたいと思います。パパに寝かしつけてもらうとか。。。

さてさて、どうなることやら。。。
[PR]
by aupokapoka | 2008-06-20 13:26 | Parenting

初めてのお誕生日

娘が1才のお誕生日を迎えました。
娘が生まれて家族が3人に増え本当に嬉しかった去年の6月16日。

慣れないオーストラリアでの育児で大変な事もありました。
予防接種の後高熱を出して心配したり、体重の増えが悪い時期があり悩んだり。。。

いろんな事がありましたが笑顔で1才のお誕生日を迎えることが出来ました。
これからどんな風に成長していくのかな~?

前日の日曜日には家族でピクニック。
お誕生日の夜は私の手作りのケーキでお祝いをしました。
のんびりと家族の時間がもてるのは本当に嬉しい事です。

私達からのプレゼントは動物がたくさん出てくる手作りの布絵本。(間に合ってよかった)
ステキなカードにメッセージを添えて。。。
私の両親からたくさんのおもちゃ。
パパの両親からおもちゃ。
お友達から食器とお箸、かるた。(のりさんありがと~!!)
たくさんのプレゼントとお祝いの言葉を頂き本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

d0139138_1965886.jpg
次のお誕生日を迎える頃は駆け回ってたくさんお話をするようになっているかな?
これからも娘との時間を大切に成長を見守っていけたらと思います。
[PR]
by aupokapoka | 2008-06-17 19:09 | 娘の成長

ふん!ふん!ふん!

ますます意思表示をはっきりするようになった娘。
遠くのものでも欲しいものを指差してふんふんふん!
取ってもらうとにっこりご機嫌。

食事の時も食べたいものを指してふんふんふん!
違うものだと手で払いのけます。(かなり頑固)
分りやすいものだといいのですがキッチンのテーブルの上のものを指してふんふんふん!「これ?」それとも「これ?」と何度言っても違う時は困ってしまいます。
バタバタと食事の仕度をした後はキッチンのテーブルの上はいろんなものを置いていることが多いのですが食事の前に出来るだけ片付けないと。。。と思う今日この頃。
シンプルにしていないと娘のふんふんふん!が何を指しているのか分りにくいので。。。

散歩の時もふんふんふん!
いつも行っているショッピングセンターへの道中、小さな公園があります。
ここのブランコがお気に入りで通るたびにふんふんふん!
先日はもうお昼だったし紫外線も強かったのでストローラーに布をかぶせ日よけ+娘の視線をシャットダウン!して公園を通り過ぎようとしたらやっぱりふんふんふん!
おや?と思い娘の方をみるとなんとカーテンを開けるようにしっかり手で布をよけてブランコを指しています。さすがです!ちゃんと分っているのね。
さらに初めて行ったショッピングセンターで子どもが遊べる遊具を見つけるとやっぱりふんふんふん!
まだ歩けないベビーが遊べるようなものではないのです。郊外のマクドナルドにあるような大きな遊具です。でも遊びたい!!とずーと、ふんふんふん!

最初は諦めも早かった娘ですがこの頃は思い通りに行かないと大声で騒ぎます。
この声の大きいこと!!
何とか気を紛らわしてその場を離れるのに苦労します。。。

家ではというと階段を上がる事に再び興味津々の娘、危ないので階段の前に大きなビーンバックを置いておくと無理やり通ろうと大騒ぎ。ビーンバックをおくだけでも怒って騒ぎます。
だって危ないんだってば~。

と言う事で私がトイレに行ったり家事をする時用に室内に小さなテントを張りました。
カバーをかけなければ側面も上面もメッシュになっているので中の様子が良く見えるし娘も暗くて怖いなんて感じる事はありません。

何かの時はこの中でしばらく遊んでもらいましょう。
いつまでもつかな~。。。
d0139138_10505825.jpg

[PR]
by aupokapoka | 2008-06-11 10:51 | 娘の成長