AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

最近は米がとってもたかーい!!

去年の4月は10kgで14ドルくらい。
セールだと10ドルくらいの時も!

私達はスーパーに売っているSUNRICEのミディアムグレインを食べていました。
これは日本米に近くて美味しい!!
大体1~1.5ヶ月毎1回に10kgのお米を買っていました。

ところが今年に入り買うたびに1ドル前後の値上がりでついに先日は19.99ドル!!
しかも売り切れで売っていない時も多くなりました。
どうやら世界的にお米が不足しているらしく輸出制限をかけている国もあるほど。。。
さらにオーストラリアはここ数年、水不足が続きお米が収穫できにくくなっていることもあって、値段が高騰しているみたいです。

1ヶ月ほど前に時々いく中国食材やさん(日本食材が手に入る)で初めてSUNRICEのコシヒカリ風というショートグレインのお米を買いました。いつも買うお米がスーパーで売っていなかったのでまあ、たまには日本米もいいかなーと軽い気持ちで買ったのです。

ところがあまり美味しくない。。。
しかも今までやわらかく炊いたご飯を食べていた娘もぱたりと食べなくなり絶対に口を開けない!!
おかしい!!
品種が違うから。。。なんて軽く考えていましたがあるときSUNRICEもお米の供給が間に合わなくて国産じゃなく輸入米を売っていると聞き、よーーーくパッケージをみればなんと中国産でした!!
同じSUNRICEのパッケージだからオーストラリア産だとばかり思っていました。。。
がーーーーん!!

しかも娘が全く口にしないのが気になり今まで食べていたお米を探して買いました!!
赤ちゃんは気まぐれですからこのお米が本当に嫌なのかは分かりません。
娘はここ3週間程まったくご飯を口にせず、パンやパスタを主食にしています。
今回のお米のお値段21.42ドル!!
ちゃんとオーストラリア産です。

中国産がすべて悪いわけではないと思いますがきちんと確認しなくちゃと反省しました。
オーストラリア産のお米はいつもおいしかったので今回も美味しいといいのですが。。。
また娘がご飯を食べてくれますように。
[PR]
by aupokapoka | 2008-08-31 13:57 |

お金と時間のバランス

オーストラリアに来る前は「オーストラリアってのんびりしている国に違いない!!」と勝手に思っていました。
なんといっても去年の4月5日に初めてこの国を訪れ、生活を始めたのですから今考えると大冒険です。
実際はそんなにのんびりはしていません。

今までは本当に好景気だったみたいでインフレが進み、物の値段がどんどん高くなっていました。特にブリスベンの家は過去5年間で2倍の値段になったみたいです。もちろん他の地方も家の値段はどんどん上がっていました。
ちなみに現在の住宅ローンの金利は10%弱!!
$1=100円として1000万円借りると1年で100万程の利子を払わなければいけません。
たかーーーーい!
なのでやっぱり繰り上げ返済をいかにするかでそう支払額がぐっと変わってきます。

なのでパパは2ヶ月ほど前から土曜日も働きに行っています。
週の半ばに「今週は働く?」とマネージャーに聞かれるので自分で働くか働かないか、さらには働く時は何時間くらい働きたいかの希望を伝えます。
これはいいシステム!
土曜日に働いている人はみんな家を買いたいから、旅行に行きたいから、家電がほしいから等何か目的があって働いているみたいです。しかもやっぱり移民が多いみたい。
パパの会社のオージーは週末に働くなんてよっぽどの理由がないとしないようです。

さて私的にちょっぴり不満なのが今日は1時くらいに帰ってくるねといって3時になっても帰ってこなかったり、土曜日は特に約束の時間に帰ってきたためしがない!
車で出かけることを予定しているといつ帰ってくるのか待ちくたびれてしまうことも。。。
パパの言い分は「一生懸命働いているんだから!!」とのこと。
パパの頑張りには感謝でいっぱいなんだけど、やっぱり家族として考えると時間のゆとりがないのは寂しいです。
きっと日本にいたら今以上にゆとりのない生活だと思いますが、ここでもあまり変わりがないなーと時々思います。

お金は多くあるにこしたことはないと思いますが今は二度と帰ってきません。
お金と時間のバランスって難しいなーと思います。

何はともあれパパのおかげで娘との時間がじっくり持てる生活ができることに感謝しなくちゃと思います。
[PR]
by aupokapoka | 2008-08-31 13:32 | 暮らし

やったー!!

資格のアセスメントの続き。。。

午後、娘が寝ている間にVictoriaに電話しました。
「ちょっと席をはずしているからこちらからかけるわー」といわれ電話に出た方に名前と電話番号を伝えどきどきしながら待つこと1時間。
娘も目を覚まし、一緒に遊んでいた時に電話がなりました。
たくさん寝てすっきりしたのか娘はとっても機嫌がよかったのでVictoriaとの話に集中できました。

Victoriaに私の次のステップは何?
と訪ねると新聞の広告とかで求人を見てポシションを探すことよ、って。
???
私は有資格者として働けるの!?
レジメ(履歴書)と一緒に今回送ったレターを一緒に添付すれば雇用者があなたの経験を理解できるわよ、とのこと。

私はてっきりトレーニングとかブリッチングスタディーの説明をされると思っていたので目がテン。。。

やったー!!
有資格者として働ける!!(私の理解が正しければ。。。)

次の問題は職を探すこと。
レジメをもってチャイルドケアセンターに行ってみないと!!!

今の徒歩生活から車生活になるかは私が収入を得れるかどうかにかかっています。
今は娘も小さいので車1台で何とか生活していますが(ここは徒歩圏内に何でもあり便利なので。。。)やっぱりそのうち私も自由に使える車が欲しい!

オーストラリアは日本のような車検制度はありませんが登録料が年間にAU$600~700、さらに保険や整備にお金がかかるので車を持つとなると維持費に月$100程かかります。
就職したら車を買うか、車を買って自分に気合をかけるか、考えるところです。

何はともあれ英語の勉強を続けなければ!!
[PR]
by aupokapoka | 2008-08-27 16:03 | ママの役割

資格のアセスメント

クイーンズランドのDepartment of Communitiesに送った書類の返事がきました。
結果は
『私の持っている幼稚園教諭2種免許と保育士資格はクイーンズランドのチャイルドケアの法律の下では認められない。しかしながら経験はQualified Assistant, Group Leader,Coordinatorに相当する。詳しくはVictoria Simpsonに連絡をとってください。』
との事。

うーーーん、また電話か~。。。

なんとか意を決して電話してみないと!
[PR]
by aupokapoka | 2008-08-27 13:06 | ママの役割

動物大好き!

私たちが住んでいるところは近くに木がたくさんあるからかよく鳥の鳴き声が聞こえます。
お散歩に行くとカラフルな鳥が目の前を飛んでいくこともあるくらい。
そのたびに指差して「ふーーん、ふーーん!!」と嬉しそうな娘。
公園にいる水鳥にも満面の笑顔で話しかけています。
そんな娘の姿を見ながらパパと娘にいろんな動物を見せてあげたいねと話していました。

先週パパが会社の人からIpswichに無料で動物が見れる公園があるよ、との情報を入手してきました。昨日は天気も良かったので早速お弁当を持って車で40分くらいのQueens Parkに行ってきました。隣のIpswich Ctiyの中央にある公園でNature Centerが併設されています。このNature Centerにはカンガルー、ポッサム、エミューなどオーストラリア特有の動物がいて自由に見ることができます。入場料は無料。
Center内はよく整備されてのんびりと動物たちを見て回ることができます。
娘は大喜び!!
大好きな鳥におおはしゃぎで更には大きなゲージの中のオウムを触ろうと一生懸命手を伸ばしたり池のダックを長い時間眺めていたり。。。
d0139138_12145436.jpg

何せ数歩歩けるようになったばかりの娘ですから手を引いたり支えたりするのにパパは大忙し!油断すると葉っぱを口に入れたりすることも。。。
娘の好奇心を認めてなるべくいい経験をさせてあげられたらなぁと思っているのでパパは頑張ります!

Canter内をゆっくりみておなかが空いたので近くの芝生でランチ。
たくさんの子どもたちが遊んでいたり年配の方が家族やお友達と楽しそうにおしゃべりしながらピクニックしています。見渡せばどの年代の人もそれそれの時間を楽しんでいます。なんて素敵な公園なんでしょう!
ランチの後、娘とパパはぽかぽかと暖かいお日様の光の下でお昼寝。
私は近くの木にいた小鳥のヒナが一生懸命飛ぶ練習をしているのを観察。
時々親鳥が餌をあげにきていました。
もうすぐ春。。。
日に日に日差しが暖かくなってくるのは嬉しいです。

娘の年齢に合わせて動物を見るだけじゃなくて名前を覚えたり生態について一緒に勉強したりしていきたいなと思っています。
[PR]
by aupokapoka | 2008-08-25 12:27 | 娘の成長

お菓子づくり

パパはお弁当のほかにティータイム用におやつを持っていく。
といってもちょっとしたスナックとかたいしたものは持たせてあげられないんだけど。。。

この頃娘が日中あまり寝なくなったので一緒にクッキーやマフィンを時々作っています。
新しい物は何でも好きなのでみているだけでも楽しいみたい。

d0139138_12221325.jpg
これは先月クッキーを作ったとき。ビニールに材料を全部入れてコネコネ、バンバン!!

さらに昨日は卵を混ぜてマフィン作り。ボウルだと不安定なのでお鍋で。
材料はあるもので適当に。いつも娘の大好きなレーズン入りです。
d0139138_129439.jpg


味は・・・。何せ適当なのでいつも違うものが出来上がりますが、「暖子がパパのためにつくったの~。」というとパパはますます仕事に精が出るかなー?なんて思いながら作っています。娘にとっては粘土遊びのようなものでしょう、きっと。

子どもって大人の真似が大好き!
おままごと用のキッチンなどたくさんのおもちゃが売っているけど大人と一緒に本物で遊ぶのってとっても楽しい!できる事からどんどん一緒にしたいなーと思います。

マフィンに入れるレーズンをつまみ食いするのも娘にとっては楽しいみたい(笑)
[PR]
by aupokapoka | 2008-08-19 12:18 | 娘の成長

プレゼント

パパが会社で貯めたポイント(?)でなんと150ドル分のギフトカードをくれた。

ポイントってな~に?
パパが働く製薬会社のラボでは薬の試験をしている。
新薬の開発というのではなく、すでにある薬の安定性を検査したり体の中でどのように溶けて吸収されるか測定したり。。。詳しくは難しいのでパス。
試験なのでうまくいかなくてやり直しになったりいろんなことが起きるみたいなんだけど1度でうまくいくとポイントがもらえるそう。
人によってはマネージメントがうまく人を動かすためにやってることだから興味がないという人もいるそう。でも、150ドルっておおきいよーーー。
パパはそれを貯めて今回ギフトカードに代えてプレゼントしてくれたみたい。普段切り詰めに切り詰めて生活しているので、
「何か欲しいものがあったら買ってね。」とパパ。まぁ、なんて嬉しい!!
でもその後に「少しは俺のものも買ってね。」だって。

何買おうかな~?
[PR]
by aupokapoka | 2008-08-18 22:11 | パパの役割

キャンプの反応

子育てに対する考え方は本当に人それぞれで、さらに文化によっても違う。

パパの働く製薬会社のラボは社員の半数近くが同じような移民。
娘より3週間ほど誕生日が早いルビーは生後6ヶ月で3泊のキャンプデビュー。
その後も両親とおじいちゃんおばあちゃんと一緒にキャンプを楽しんでいます。
ルビーちゃんファミリーはオージー。

ところがアジア圏出身の人たちの反応は「そんなに小さい子をキャンプに連れて行って大丈夫?」という反応。
やっぱり日本でも14ヶ月の子を2泊のキャンプに連れて行くなんて。。。という反応が返ってきそう。

うーーーん、面白い。

実際はまったく問題なく、娘は帰宅後も変わらず元気いっぱいだし、自然に触れて本当に良い経験をしたと思います。
つまり、大丈夫だったわけです。
もちろん様子がおかしければすぐに帰ってくる気でいましたし、常備薬やらいろいろと準備はしていきました。備えは万全にしないとやっぱり不安ですしね。

キャンプにはいろいろな知恵が必要となってきますが私たちはまだまだ経験不足。
そこで簡単なキャンプの本を1冊購入。
そこにはちゃーーーーんと『ファミリーキャンピング』の項目もあり赤ちゃんを連れて行くときは、、、?トドラーを連れて行くときは、、、?なんて簡単な説明も書いてありました。
小さい子がいても家族で楽しむって本当に自然なことなんですね。

なんでも楽しもうとするか、なにかと心配してしまうか。。。
考え方1つで行動範囲がぐっと広くなったり狭くなったりすることがあります。

いろんな文化のいろんな良いところを自分たちの生活スタイルに合わせて取り込んでいけたらと思います。
[PR]
by aupokapoka | 2008-08-15 12:34 | マルチカルチュアル

初めてのキャンプ in Mt Tamborine

ずーーーーーと、行ってみたかったキャンプ。
AUに来た時は妊娠28週、その後出産育児にあわただしくまだまだ娘に手がかかるのでいつもピクニック程度で夕方暗くなる前には帰宅。。。というとっても健康的な生活を送っている私たち家族。そのせいか、娘もほとんど風邪を引くこともなく元気いっぱい!!
その娘もそろそろ14ヶ月。
食事もほぼ大人の物でもOK。(もちろん薄味&やわらかめにして)
そしてNZのワーホリを終えた主人の元同僚のシンガイさんがAU旅行の途中に立ち寄ってくれる事になり、これは行くしかないでしょう!!と思い切って2泊のキャンプに出かけました。
場所はMt Tamborine。
我が家から車で45分。
初めてなので無理せず近場に行くことにしました。

今は真冬。
ローシーズンの日~火曜日に行ったのでキャンプサイトは空いていて快適。
敷地内にはシャワー(お湯も豊富に出ました)やトイレもありました。
サイト内は直火OKで焚き火で暖をとるというサバイバル生活を丸2日体験しました。
キャンプ用品ってそろえるときりがないですが今回は最低限必要なものを持っていきました。
食事はあまり無理せず市販のチキンの串刺しやソーセージを網で焼いたり卓上コンロで野菜をいためたりとシンプルに。。。

焚き火担当はパパとシンガイさん。
1日目は勝手が分からずなかなか長続きしなかった焚き火ですが2日目はなんと温泉宿の囲炉裏もびっくりなほどの大成功!暖をとりながら話に花が咲きました。
d0139138_12382233.jpg

彼女は1年間のワーホリでサバイバルな暮らしをしてきたようで薪集めから娘の面倒にいたるまでよく手伝ってくれて本当に楽しく過ごせました。
日本に帰国したらバイトしてお金をため今度は世界1周旅行に行くんだとか。
パパのお友達はじっとしていないタイプの人が多いのでいろんな話を聞けて面白いです!

実は3日目の朝は最低気温を更新したほどの寒さだったのに加え、山の上で標高が高かったのでかなり冷えました。本当に凍えるほど。。。
日中たくさん遊んで夕飯もそこそこに疲れて寝てしまった娘は朝の4時におなかが空いて目を覚まし大泣き!!寒いのに寝袋から出てコンロで牛乳を温めて飲ませました。おなかが落ち着いて満足しまたすーーーと眠った娘の寝顔は本当にかわいかったです。
面白かったのが寒いといけないと思い服をたくさん着せて、スリーピングバックにいれ、さらに布団までかけて寝かせたので娘は寝返りができず数時間毎に「ぎゃー」と騒いでは寝返りを私が手伝いました。それでも疲れた気がしなかったのはやっぱり楽しかったからでしょう。

大自然の中鳥の鳴き声で目が覚めておいしい空気をすうって本当にすばらしい!
娘も大興奮、おおはしゃぎ!!
今まで両手を持ってあげてよろよろと歩いていたのになんと片手を支えるだけで歩こうとし皿には手を振り払って3歩4歩とずんずん歩いていくほど!!
カラフルな鳥に興奮したのか大自然がそうさせたのか。。。
記念すべき歩行デビューまでしてきました。

便利な生活もいいけどやっぱり考えたり自然から刺激を受けたりする経験は子どもの成長にとって本当に大事だとしみじみ感じました。
自然の中にいると考える時間、感じる時間を多く持てるように思います。
家族で力をあわせて楽しめるキャンピング!時間を作ってまた出かけようと思います。
シンガイさんはお昼のバスで北の方にあるモートン島に向けて旅立っていきました。
また会える日が楽しみです。
[PR]
by aupokapoka | 2008-08-13 12:41 | アウトドア

いつか。。。

今はどっぷり育児、家事に専念中。
家計は自転車操業ですがそれでも育児に専念できるのは幸せなことです。
生活に忙しいとそうはいきませんので。。。

娘も1歳を過ぎ本格的に私自身の今後の人生プランを考え始めました。
日本でしていた幼稚園教諭や保育士の仕事にいつか復帰したいと考えています。
出産前にNOOSRという機関で私のもっていいる資格や教育レベルを審査してもらいました。
結果はDiporoma。
私は短大の保育科を卒業しているので妥当な結果だと思います。

さて受け取った手紙に次は政府の機関でチャイルドケアーの資格について審査しているところ
に連絡してさらに詳しく審査してもらうようにとのアドバイスがありました。
連絡先は住所と電話番号のみ。
e-mailはなし!
電話か~。。。これは聞く&話すという私の最も苦手な部分の英語。
意を決してかけるまで1年かかりました。
出産もあったし体と気持ちがまた元気になって社会に慣れるまでこれだけかかったという事でしょう。

いざ電話!!
何とか必要情報を得るまで20分くらい。
次に何が必要なのかわかりました。
それは私の資格と職歴をさらに専門機関に審査してもらうこと。
必要書類は
①資格証明書
②NOOSRからの手紙
③主に勉強した事についての報告書
④職歴報告書
⑤資格証明書(オリジナル)
⑥審査の申請用紙
など。。。
ついにきました英作文!!
他の書類は前回のときとほぼ同じなので問題は③と④。
これもできます、あれもできます!私はこんなにすばらしくこのような経験や知識があります!!と自分を売り込む必要があります。(だぶん)
これはとっても苦手。。。
でも積極的に前向きに自信を持って書かないと何もできない人と判断されてしまいます。

毎夜娘が寝た後に3時間、2階の部屋にこもって書きました。
かかった期間1週間!!

そして昨日タウンハウスのオンサイトマネージャーのエリザベスに頼んで書類の英語をチェックしてもらいました。彼女はオランダからの移民で移民が職を得るのが大変なことを身をもって知っていてとても親切にいろいろと相談に乗ったり手伝ったりしてくれます。感謝!!
ボランティアで難民に英語を教えたりもしています。

彼女にチェックをしてもらい、たーーーくさん前置詞や冠詞の間違い、文法の間違いを直してもらいました。
そして昨夜再チェック!!

今日郵便局から投函したいと思います。
さて結果は。。。

今日も娘を連れて図書館に出かけます。
火曜、水曜、金曜の10時半から30分間のStory timeは私にとっても非常に勉強になります。歌をうたったり手遊びもするので娘も楽しんでいます。娘と一緒に楽しみつつ勉強ができるのは嬉しいです。
最近は絵本の朗読(?)にもどんどんチャレンジ!!カラフルで楽しい絵本がたくさんあります。以前は英語が並んでるだけで「うわーーー、難しそう。。。」と避けていましたが読んでみればそこは子どもの本、理解できないほどではありません。
しかも日本でも人気の『どろんこハリー』『ぞうのエルマー』などが原書で楽しめます。『はらぺこあおむし』で人気のエリック・カールの作品もたくさん読みました。本当に色使いがきれいで娘も大好きな絵本です。
面白いのは翻訳された日本の絵本も時々見つけます。『かばくん』『とこちゃんはどこ?』そして娘の大好きな絵本『うずらちゃんのかくれんぼ』まで!!しかもどれもCDつき!!
発音の勉強にもってこいです!

今日も快晴。
青い空の下でお散歩がてらのんびり出かけてきます。
[PR]
by aupokapoka | 2008-08-08 06:52 | ママの役割