AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

大好きな図書館②

今はスクールホリデー。
Story Timeに来る子もいつもより多めです。
図書館ではスクールホリデーになると特別なプログラム(いつもより少しだけ手が込んでいる)が用意されています。
いつものStory Timeは歌とお話のみ。
時々セッションの最後にしゃぼん玉で遊んだり、みんなで縦に列を作って電車ごっこをしたり、手をつないで輪になったりします。
そして最後にぬり絵の時間があります。

さて昨日はなんと大きな紙が用意され『等身大の自分の絵を描く』アクティビティがありました。
まずは大きな紙の上に寝て大人に輪郭をとってもらいます。
そしたら顔や服を自分で描きます。
d0139138_6113810.jpg
この頃はオムツ換えも嫌がって逃げてばかりの娘。
仰向けに寝るなんて嫌がりそう。。。
私は他の子の輪郭を描いてあげてから娘を寝かせてみました。
そしたらなんと!娘はゴロンと嫌がらずに横になり輪郭をとることに成功!!
ちょっとびっくりです。
他の子の様子を見ていたからでしょうか?
輪郭をとった後はクレヨンを持って自分で。。。
なぐりがきを楽しみました!

できた絵はとっとも大きくて夕方帰ってきたパパに見せるといっぱい褒めてもらった娘は嬉しそうにニコニコしていました。
だんだん物事が理解できてきた今日この頃。
楽しい経験をたくさんさせてあげたいなと思います。
[PR]
by aupokapoka | 2008-09-27 06:20 | 娘の成長

大好きな図書館

最近のStory Timeの様子。
d0139138_9475987.jpg
d0139138_9481676.jpg

マットの上に座っている時間より、歩いて探索活動を楽しむ時間が長くなりました。
娘なりに楽しんで参加しています。
[PR]
by aupokapoka | 2008-09-24 09:49 | 娘の成長

そんなに甘くはなかったー

さて前回行ったときに「これ書いて持ってきてね」ともらった書類を持ってセンターに行ってみました。働けるかな~、とドキドキしながら・・・
ところが「ありがとう!誰か欠員が出たら連絡するわ~」
とあっさり言われ帰ってきました。

さてオーストラリアではヘルスワーカーやチャイルドケアワーカーはBlue Cardを持っていなければなりません。つまりそれがないとそのような職に就くことはできないのです。
なのでセンターに「働きたい」と問い合わせると必ず「Blue Cardを持っていますか?」と最初に聞かれます。

私は持っていません。。。
なので最初から門前払いをされてしまいます。もちろん英語力の問題もあって。。。

Blue Cardをどうやって所得するのか発行機関に訪ねるとどこかの職に応募してその施設から書類をもらって手数料を添えて申し込んでくださいとのこと。
そしてついにBlue Cardの申し込み書類を書いてもらったので手数料($60)を添えて申し込みました。1ヶ月くらいでできるらしい。
無事取得できるといいのですが。。。

ちなみにこのカードは『この人は犯罪歴もなく安全な人ですよー』と証明するものでいわばポリスチェックのようなものらしい。
このカードを持っているから必ず安全な人とは限りませんがこのようなシステムがあるのはいいことだと思います。

このカードが取得できれば就職活動は1歩前進です。
[PR]
by aupokapoka | 2008-09-23 20:52 | 仕事への道

面白い癖?

娘の大好きな食べ物、それはレーズン。
レーズンを見せれば嫌いなベビーカーにも嫌がらずに乗るほど。
なのでスナック代わりにいつでもどこでも食べさせています。

ところが最近、右手の人差し指と親指にレーズンを1つ握り締め左手で食べています。
最初は左手にも持っていましたがそれでは食べられないと分かったようで左手のは最初に食べて右手のだけは離しません。
全部食べ終わってから右手のを半分食べ、残った半分をしばらく握り締めてまた半分食べ。。。
米粒よりも小さくなったレーズンをいつまでも大事そうに持っています。

はてこれは何でしょう?

この頃は食事の時もひとかけらだけお皿に残しているので「もういらないの?ごちそうさま?」というと反応なし。おなかいっぱいの時は手を合わせてごちそうさまを伝えたり、自分でスタイを取ろうとします。
いつまでもだらだら食べさせているわけにもいかないので「ごちそうさまにしようね」といってお皿を持とうものなら「ぎゃー」と怒ります。かといって食べるわけでもなくお皿から出してテーブルに置いたりまたお皿に戻したり。。。
最後のひとかけらがいつまでも残っています。
足りないのかと思ってもっとあげてもポイッと床に落としたりと興味がなさそう。

とにかく食べ物を持っていたいみたい。
これじゃ、いつも食事を与えていないみたいじゃないですか(苦笑)

パパと二人で何でだろうね?と首をかしげる今日この頃です。
[PR]
by aupokapoka | 2008-09-19 12:11 | 娘の成長

視察

今日は近くのチャイルドケアセンターに視察に行きました。
私が働くところと娘を預けるところの両方を見つけなくちゃいけないのでタイミングが難しいです。

オーストラリアで一番大きなチャイルドケアといえば『ABC LEARNING CENTRES』
大体どこの町にもあって規模が大きい。
他にも地域に根ざしている小さなセンターや個人の家庭でやっているところなど子どもを預ける場所はいろいろあります。

なんといってもオーストラリアに来てそのような施設を見学するのは初めて!

まずはABCじゃないQLDに10施設ほどあるセンターにいってみました。
施設は小さくスタッフは忙しそう。
試しに仕事を探しているけど空きがある?と聞いてみると、スタッフマニュアルやらTaxの書類やらいろいろくれて「この書類を書いて持ってきてね」との事。
忙しそうだったのでとりあえず受け取ってかばんの中へ。。。

次は『ABC LEARNING CENTRES』へ。
5~6km圏内に3つのセンターがあって全部行って見ました。
実はあまりいいうわさを聞いたことがなく「お金儲けのことしか考えていない」なんていう人もいます。
確かに少し費用は高めなのかもしれませんが安かろう悪かろうという言葉があるのも事実。
この目で見るまで分かりません。

結果同じABCでもセンターによって特色があること。
食事(午前のおやつ、ランチ、午後のおやつ)は家庭で準備したものを持たせるところもあればおやつだけはセンターで出す所、または全部センターで出してくれる所といろいろでした。
後は立地条件でアクセスがしやすいところは混んでて空きがなかったり、スタッフも忙しそうでした。
全体的にスタッフの感じは良くて対応もしっかりしていました。
もちろんただの営業スマイル!かも知れませんが規模が大きいセンターなので規則がきちんとしているようで好感が持てました。

クラスは15ヶ月未満はBabyクラス、15ヶ月以上はToddlerクラスになります。
娘はちょうど15ヶ月なのでToddlerクラスに入れます。
ABCでは最初にいったセンターのToddlerクラスの先生の感じが良かったのと混んでないので少人数なので娘を入れるにはいいかなと思いました。
やはりまだまだ小さいので多くの子どもを複数のスタッフで見ているところよりは少人数で数人のスタッフで見てもらうほうが安心です。

全体的な印象としてはABCのほうがシステマチックですがカリキュラムもしっかりしていてきちんと管理されているように感じました。
ただ、戸外遊びという点ではどのセンターもテラスにある遊具で遊ぶといった様子で自然に親しむというものではないので、娘くらいの年齢の子が週に数回行くのはいいかもしれませんが4~5歳の子が行くのはどうかなといった感じです。
もっと他のセンターも探検に行きたいと思います。

さて最初に行ったセンター(ABCじゃないところ)でもらった書類を家に帰ってきてからパパにみせたら「あれ?もう就職したの?ここにおめでとう!って書いてあるよ。」とのこと。
え???だって名前も伝えてないよー、ただ書類をもらっただけだよー!!
なんだか適当なオーストラリア。
私の就職先&娘の預け先が決まるかしら?
[PR]
by aupokapoka | 2008-09-17 22:37 | 保育園・幼稚園

まてまて~

娘は自分で歩けるようになったのがよっぽど嬉しいらしく自分の行きたいところに行きたい!気持ちがとっても強くなりました。
なのでショッピングセンターでもカートになんか乗っていません!!
通路が広いあまり混んでいない場所に行ったときは仕方なく自由に歩かせています。
広い店内をどこまでもニコニコしながら歩いていきます。
公共の場ですので他の人の迷惑になってはいけませんし手を引いて歩きたいところですが首をぶんぶんと横に振って、嫌!!とアピール!!

きっと今はなにを言っても無駄でしょう。
そのうちきちんと言い聞かせて手をつないで歩くようにしていきたいと思います。

卒乳し、更に歩行も安定して活動量が増えたためか以前より食欲が出てきたように思います。
表情も以前にもまして豊かになりパパも一緒に遊ぶのが楽しそう。
二人がニコニコと遊ぶ様子を見るのは私にとってとても嬉しいひとときです。
[PR]
by aupokapoka | 2008-09-15 06:38 | 娘の成長

木を植えましょう!

先週の土曜日、私達が家を建てる土地のすぐ近くの公園がオープンしたので遊びに行って来ました。
ブランコや大きな滑り台などたくさんの遊具や自転車の練習コース、テニスコート、ミニサッカー&バスケットコートがあります。広場のステージではローカルバンドの演奏が行われていて楽しい雰囲気のオープニングイベントでした。
少し早めに着いた私達は娘と一緒に遊具を満喫!
d0139138_12314936.jpg

こちらの公園で良いなと思うのが子どもが転んでも、更に万が一遊具から落ちても衝撃を和らげる為(だと思います)に遊具があるところの地面は細かい木くずが敷かれています。公園によってはサラサラの砂のところもあります。
私のイメージでは日本の公園は遊具の周りでも土で結構硬かったと思うのでこちらの公園の方が安全面に配慮されていて安心に思えます。
公園はカウンシル(市)が管理しているのでもちろん場所によって様々です。

さて本題に。。。
私達が土地を買ったのはIpswichのカウンシル内。
ブリスベンの隣です。
Ipswichでは毎年1回、土地を持っている人に木の苗木を8本くれます。(無料)
公園のオープンにカウンシルの人が来ていて臨時の配布場所を設けていました。
私達の家はまだ建たないのですがせっかくなのでもらってきました、8本。
次の日に鉢を買ってきて娘と植え替えました。
すべてワイルドフラワー(自生している植物)なので地植えがいいのですが仕方がありません。
d0139138_12462780.jpg

来年までは小さな場所で我慢してもらって引越したら庭に植えたいと思います。

今週から娘の日課はお花に水をあげること。
毎日楽しんでやっています。(今のところ。。。)

来年は人も気の苗木もお引越しです。
楽しみ~。
[PR]
by aupokapoka | 2008-09-11 12:51 | 社会福祉

子どもは正直。。。

さて、さて、有資格者として求職できるようになった私は以前にもまして図書館で子どもたちの様子をいろいろと観察したり、スタッフがどのように子どもに絵本を読んだり歌を歌うか、どんな風にすれば子どもをひきつけて子ども達が集中して絵本を見ていられるか。。。を勉強中。
日本語ならお手の物なのですがなんと言っても英語!!
すらすら~~~~~と言葉が出てこないと子どもに指示を出せないし、自信がないと言葉なんてすらすら出てきません。。。

スタッフはお話の途中でマットの上に立ち上がってしまった子には
「Sit on the mat, sweety. Thank you.」
なんて、さらっと言って上手に子どもに座ることを促します。
絵本と絵本の間に歌を歌うことで子どもが集中して絵本を見れるように配慮したり、上手なスタッフを観察するのはとっても勉強になります。

時々子ども達が娘に話しかけてきたり、私に話しかけてくることがありますがこれがさっぱり分かりません。更に娘の名前は「あたこ」と英語にはない音なので名前を聞かれて答えても通じないことがほとんど>_<
大人ならネイティブじゃないのね、と気持ちを汲み取ってくれたり状況からこんなことが言いたいのね、なんて判断してくれます。

ところが子どもは字がかけません。
つまり音だけでコミュニケーションをとるので私のジャパニーズイングリッシュを理解してくれるわけもなく、「なに言ってるかわからないわ~」という顔でその場を後にします。
ガーーーン!!
今後が思いやられます。

今日は塗り絵の時間にお母さん達が目を話した隙にJay(5歳の男の子)が2歳くらいの女の子に持っていたおもちゃをとられました。
何度かいっても女の子が返してくれないばかりかおもちゃを投げちゃったので泣いて女の子の手をたたきました。よっぽど悔しかったのでしょう。
娘は黙々を殴り書きを楽しんでいましたのでその場にいた私は呆然。
止めに入るべきかどうか悩みました。
手が出たのでいちおー止めましたが、その後戻ってきたお母さんに状況を即座に説明できずちょっと困りました。

Jayは5歳で一人っ子。
女の子はその後のお母さんの話からするとなんと7人兄弟の末っ子とのことでまぁ活発!
叩かれてもしら~としている彼女は立派!慣れっこなのね。
塗り絵の時も彼女はテーブルや図書館の本にまでクレヨンで描いてもお母さんは何も言わないし。。。とにかくいろんな親がいるので私が仲裁に入るのもどうかなという感じでした。
どちらにしろ叩いたJayはよくないけど、彼の気持ちも分からなくもない。

チャイルドケアセンターで働きたいとは思いますが、言葉の壁は予想以上に大きく子どもにしっかりした対応が取れるか自信がないので、更なる努力が必要だと思いました。

そんなこととは露知らず殴り書きを楽しむ娘。
娘ももうすぐお友達とけんかもするようになるんだろうなー。
けんかも大事な成長の過程。
世の中にはいろんな人がいるんだということを知ることは大事です。
人と関わる中でしか学べないことはたくさんあるのでできるだけ多くの人と関わらせてあげたいと思います。
[PR]
by aupokapoka | 2008-09-09 13:52 | 仕事への道

卒乳

娘はあと1週間ほどで1歳3ヶ月(15ヶ月)になります。

先週の土曜日、初めておっぱいを飲まずに寝ました。
14ヶ月に入ったころからお風呂上りのおっぱいもそんなに飲まなくなり、飲んだ後もまた遊んでから眠っていました。
お風呂上りに牛乳を飲ませてしばらく遊んだ後に『まだ遊ぶ~!』と泣く娘をベッドに連れて行くと10分ほどで寝ました。
昨日も今日もおっぱいを欲しがる様子はないので卒乳です!!

1歳の誕生日のころは卒乳まで待つべきか思い切って娘の様子を見ながら断乳すべきか悩んだ時期もありました。
やっぱりいつまでもおっぱいに頼るのはよくないと思っていたからです。

あれから3ヶ月、おっぱいの回数が自然に2回に減り、1回になり、ついには飲まなくなりました。
娘のリズムに合わせたのがよかったのかかなりスムーズでした。

娘が生まれてから1年と3ヶ月弱、完全母乳で育ててきたので、娘の卒乳は嬉しい反面ちょっぴり寂しくもあります。

娘は今後、必要な栄養をぜーーーんぶ食事で摂取することになります。
おいしく楽しい食卓を作るよう努めていきたいです。
[PR]
by aupokapoka | 2008-09-08 21:24 | 娘の成長

いつかはPrime miniater!!!???

最近は週に3回、娘を図書館に連れて行きます。
私も勉強になるのでStory timeは大好き!!

以前はじっとマットに座っていた娘も最近は活発に動けるようになったので早めに言って十分に探究活動を楽しませてからStory timeに参加させるようにしています。
そうすると少しはじっと座っています。

火曜日はToddler time(2~3歳向き)
水曜日と金曜日はStory time(4~6歳向き)

年齢的には火曜日の方があっているんだけどとっても込んでいて時々収拾がつかないときもあり私的には水曜や金曜の大きい子向きの方が好き。
娘もきちんと座って絵本を見る大きい子の様子を真似して覚えてくれるといいなと思います。

何でもコピー(模倣)したい発達段階なので少し大きい子といるのはいいことだと思います。

中には2歳くらいの子もいてその子なりに参加しています。

さて昨日のメンバーは全部で10名弱でした。
娘(15ヶ月弱)、23ヶ月の女の子ダイアナ、二歳半の男の子、後は3~5歳の女の子。
落ち着いた雰囲気で歌を歌ったり楽しんでいました。
最近の娘のお気に入りはIf you are happy and know it ~(幸せなら手をたたこう!)のstump your feets(足踏み)をするところ!大喜びでしています。

お話はやっぱり少し難しいし、ダイアナがなぜか娘のことが気になって目の前に来てキスしたり手を握ったり。。。娘はちょっといやな顔。なんといってもマイペースで行動したいのです。
早速娘はハイハイで逃げ出し、大人の本が並んでいるコーナーへ向かって行きました。
そしたらなんと、ダイアナもハイハイで娘の後をついて行きます。私とダイアナのママは二人の様子をにこやかに眺めていました。ところが更にその後ろに二歳半の男の子もハイハイでついてきます!
その様子を見てダイアナのママは「She is leader, she will be Prime minister!!」(彼女はリーダーよ。きっと末は首相ね!!)なんて冗談をいっていました。

なぜか子どもたちに自然にかまってもらえる娘。その後も塗り絵の時間を楽しんだ後、数人の子がパズルを娘の所に持ってきてくれて娘の膝はパズルでいっぱいになっていました(笑)

日常的に他の子と関わる経験をさせてあげたいと思っているので歩いていける距離に図書館があるのは本当に幸運です。

娘は大きくなったら何になりたいのかなー?
[PR]
by aupokapoka | 2008-09-04 13:15 | 娘の成長