AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

尿検査

まだオムツをしえいる子の採尿って難しい。。。
ビニール袋が付いているシールを貼っておしっこが出るのを待つのですが、Drにくれぐれも雑菌が混ざらないように気をつけて!と言われたのでビクビク。。。
もし疑わしいことがあったら病院を紹介され尿管に管を入れて採尿したりX線をとったりといろいろな検査をしますとの事。
私のせいで不必要な検査を受けることになったらかわいそうなので、採尿バックを持ってGPにいって看護婦さんに取り付けてもらいました。
ところが待てども待てどもおしっこが出ず、出たと思ったらもれてバックにはほとんど入っていませんでした。ガーーーン!!
午前中を費やしたのに結果が出ず残念。
アッティも疲れてしまい帰りの車の中(自宅までたったの3分)で寝てしまいました。
いつもは30分くらいしかしないお昼寝ですが今日は3時間弱眠りました。

再度バックを取り付けてもらったので様子を見ましたがどうやら取り付けが不十分で後方に流れてしまうようです。
なので淡い期待を込めて寝ているアッティをそ~と横向きにしたりうつ伏せにしたりしてみました。
目を覚ましたアッティのオムツをはずすとちょっとですがバックにおしっこが入っていました!!
よかったー!!
指定のジャーに入れて早速GPにもって行きました。
今日何度も会った看護師さんに本当に良かったわね!と言われアッティは5度目のバイバイをかわいく言って帰ってきました。

結果は土曜日。
何も問題がありませんように。。。
アッティ、お疲れ様でした。
[PR]
by aupokapoka | 2008-11-26 21:02 | Parenting

突発性発疹

土曜の午前中にアッティの体がなんだか熱いのに気付き熱を測ると38.30℃。
健康がとりえのアッティ2度目の発熱です。(予防接種の副反応を除く)

ところが当の本人はいたって元気で食欲もあり、熱があるのが嘘みたいです。
もしや「突発性発疹」かも???
と疑いながら様子を見ました。
日曜、月曜と3日間高熱が続き39℃を超えるときは解熱剤を飲ませました。
3日目の夕方に念のためGPに行きましたがとっても元気ですれ違う人みんなに「は~い!!」と手をふり愛想を振りまいていました。

そして今日熱が下がり、出ました!!赤い発疹。
おなかや背中、顔にまで!!
やっぱり、と思うと同時にほっとしたのもつかの間、今日は機嫌がとても悪く些細なことで大泣きし四六時中私にべったり。。。
体が疲れているのね。。。
午前中は1時間泣き通し。
私はずーーーと抱っこをしていたので明日は筋肉痛かな?

ところが夕方オムツを見ると明らかに血と思われる後がうっすら付いていてびっくり!
もしや血尿!?
不安に思い何度か確認しましたがその次もうっすらと色が付いています。
パパが帰ってきてからまたGPに連れて行きました。
今日もみんなに「は~い」と手を振りご機嫌。
でも私は心配。。。

Drは念のため尿検査をし、もし何かあったら更に詳しく検査しましょうとの事でした。
看護師さんに採尿の方法を教わり容器を明日届けるように言われました。
ところがこの方法、難しいかも。。。
しかも私が余計なところを触ったり間違えたら雑菌が混じってしまって悪くないのに悪い結果画でかねないので緊張です。
うまくいきますように。。。

家の近くに時間外や休日も診療してくれるところがあるのでこんな時は本当に助かります。
しかもメディ・ケアですべてカバーされるので基本的には無料。

アッティの体調が早く回復しますように。。。
[PR]
by aupokapoka | 2008-11-25 22:18 | Parenting

ま、まゎ~

。。。
これ、アッティーなりの『もっと(して)!』の意味です。
パパが「one more???」と言ってたら言うようになりました。
私は「ママ」って呼んでいるのかと思ったけど、違うよ、とパパ。
確かに微妙に違います。
しかも手のひらを口にあてにこやかに言います。

この言葉を覚えてからは寝る前の絵本を読む回数が増えました。
だって読み終わったそばから「ま、まゎ~」って言うようになってしまったので。。。(笑)

パパといるといろんな言葉を覚えます。
パパが「何?(言ってるの?)(するの?)」」と言っていたら「なに?」と言うようになりました。
これにはパパもびっくり!

親が英語と日本語で混乱しているので娘はとにかくいろんな言葉を覚えています。
名詞だけじゃなくて簡単な意思表示に使える言葉も教えてあげなくてはいけないんだけど英語ではなんていうのかしら???
[PR]
by aupokapoka | 2008-11-20 13:41 | 言葉の発達

ニックネーム

娘の名前はまさしく日本人的な名前。
なので「What's her name?」と聞かれて答えてもほとんどの人は言えません。
いちおー、そんなこともあろうかとミドルネームもつけましたが普段使わないのでピンときません。
ところが最近娘が時々「アッティー」といっています。
自分のことを言っているのかは定かではありませんがいいやすいみたいなので、ニックネームは『アッティー』に決まり!
『アッ(プル)・ティー』みたいでかわいいかな?(笑)

なので今後はアッティーの名前で記事をアップしていきますね。
[PR]
by aupokapoka | 2008-11-20 13:16 | その他

ンデベレ人形

落ち着いたら日本から送りたかった宝物の1つ、ンデベレ人形。無事届きました!d0139138_5463993.jpg
2003年に南アフリカでボランティアしていたパパに会いに行った時に一緒に買ったものです。
パパはズールー族が住むダーバンの近くの町の病院で薬剤師として働いていました。
私はパパに会いに数回飛行機を乗り継いで会いに行きましたが
今でもズールー語で
「サウボーナ!(こんにちは)」「イエボ(はーい)」
「ウンジャーニ(調子はどう?)」「ギアピーラ(元気だよ)」
と挨拶したのを懐かしく思い出します。(この基本の挨拶だけは覚えました)

南アフリカは公用語が12個あっていろんな部族が住んでいます。
このンデベレ人形はンデベレ族のものです。
ズールー族のものではありませんが私のお気に入りの人形です。
ズールー族は戦いの部族みたいでズールーのものといえば動物の皮で作った盾と槍が有名でしたが私はこのカラフルな人形が大のお気に入りです。

パパが南アフリカにボランティアに行くまでは外国で暮らすなんて想像もしていませんでした。
パパは2年間の滞在中にいろんなことを考えたみたいです。
なんといっても過去にアパルトヘイト政策がされた人種問題について難しい国です。
現在も社会の中にある人種間のわだかまりや格差は計り知れず、仕事も円滑に進めないことが多かったようです。
プールつきの豪邸がある地域から車で30分も走れば着る物もままならず裸足で生活しているような貧困の地域があり大多数は貧困の地域です。
アパルトヘイト政策時に隔離されて教育も受けられなかった肌の色の濃い人たちやその子どもは今でも貧困と受けた迫害への恨みを持っています。
なのでかたくなに自分達の言語に執着して英語を受け入れることができずにいる人が多いです。ところがズールー族をはじめ多くの部族は文字を持っていず、アルファベットを当てて表記するようになったのは近代になってからのようでした。
知識を習得するためには英語が不可欠というわけです。
その部族の言語の本はないのですから。。。
更にHIVの問題も会い重なって、貧困と犯罪、怨恨など社会が不安定でした。
さらにあの人は良いけどこの人はだめ!的なところがあって物事にきちんとした決まりがない!
パパは薬剤師として働くためにいきましたが州の保健省は良いっていっていたのに国の保健省の誰かが土壇場で薬剤師とは認めないと(看護師などメディカルスタッフも一緒)土壇場でいったので助手という立場でした。
その国できちんと審査もしくはテストを受けさせて欲しいといって2年間言い続けてあいまいな答えばかりで、最後にはパパが帰国予定の翌月にインタビューをすると言う手紙が来たのです。もう帰るのが分かっていたかのように来た手紙。。。なんか変です。

そんなこんながあって英語を習得する大切さや規則やルールがきちんと社会の中で守られどの人にもチャンスがあるという社会にあこがれて移住を考えはじめ、パパは独学で必死に英語を習得しました。
そして移民の受け入れをしている国の中で、永住権を取れるチャンスがありで気候が温暖で日本との時差も少ないオーストラリアを移住先に選びました。

ここは基本的に安全で他者の文化も尊重する国。
英語ができなくても「大丈夫、よくやっているわよ。私はあなたの国の言葉はしゃべれないもの」と認めてくれる、褒めてくれる、励ましてくれる!!
頑張れば人生のどの時点でもチャンスがあり、就学の機会や技術習得の機会が持てる政府のシステムができている点でもすごいと思います。

もちろんどの国にもいろんな問題はありますが他者を受け入れられる余裕があるって豊かだなと思います。

私達の願いは娘に世界にはいろんな人がいていろんな文化があってどの人にも良いところがあって仲良く暮らすことが大切なんだよと感じて欲しいということ。

南アフリカで友達になったAdeleとは今でも年に数回メールのやり取りをしている大切なお友達。いつか娘を連れて会いにいきたいなと思います。
[PR]
by aupokapoka | 2008-11-18 06:43 | その他

おでかけ前に。。。

毎日のくりかえしで身につく生活習慣。
娘は「お散歩にいこう!」「図書館にいくよー!」というと出かけるのがわかり、私のバックから自分の日焼け止めクリームを持ってきて「ちぃっち(取って)」と蓋を開けてといいます。
そして自分でクリームを塗ります。(仕上げは私ですが)
d0139138_6354015.jpg

また、出かけたいときもクリームを持ってきます。
こちらはとっても紫外線が強いです。
なのでクリームは必需品!
それでもこんがり小麦色なのは日焼けなのかもともと黒いのかは謎です(笑)。

帰宅すると帽子をとって、脱がせた靴を自分の場所に片付けます。
いい習慣がきちんと身につくように働きかけていきたいと思います。
[PR]
by aupokapoka | 2008-11-14 06:47 | 娘の成長

Blue Card

ついにBlue Card を受け取りました。
正式名称は『Positive Notice blue card for Child Related Employment』といいます。
有効期間は2年間。
このカードの有効期限内に働く場所を見つけたいなーーー。

日本には子どもに関わる仕事をするからといってこのようなポリスチェックはありません。
オーストラリアでもこの制度は新しいようですが、子どもを危険から守るという観点で設けられていて良い制度だと思います。
州によって違いがあるかもしれませんがオンサイトマネージャーのエリザベスが言うには子どもの遠足の引率にもこのBlue Cardが必要との事。
しっかりしてます!
Blue Cardを持っているからといって必ず子どもにとって安全な人とは限りませんがわざわざ自腹で取得のためのコストをかけるんですから、その仕事をしたい人と考えて良いと思います。

ちなみにどこの国でも一緒ですがチャイルドケアのお給料は安いです。
お金持ちになりたい人には向かない職業ですが、喜びや感動がある職業だと思います。
いつかの就職に向けて、がんばるぞー!
[PR]
by aupokapoka | 2008-11-14 06:12 | 仕事への道

Senior First Aid コースを受講

子ども関係の仕事をするには①Blue Card(ポリスチェックのようなもの)を持っていないと働けないことは以前書きました。
それともうひとつ②『Senior First Aid』(救急救命法)の資格を持っていると就職には有利です。
これは必須ではありませんがあったほうがなお良いということになります。
また①、②があるとチャイルドケアの派遣会社のようなところに登録できます。
英語が未熟な私は英語の勉強と思っていつかの就職に向けて取り組んでいます。

さて、いろいろ調べた結果、First Aidのコースは3種類あってBasic,Senior,Advancedです。私が必要なのは中レベルのSeniorで15時間(2日間)のコースです。

どこがこれらのコースを提供しているかというと消防署や赤十字。
私はAustralian Red Cross(赤十字)のコースを選びました。
費用はAD$130。
週末の2日間、パパに娘を預け8:30~16:30のコースに参加しました。

緊張の1日目。
講師がコース内容を説明した後なんと出席を取りつつ自己紹介が!!
突然みんなの前で話さなくちゃいけないことになり冷や汗>_<
わぉ!!
みんなしゃべる、しゃべる。
参加者は20人くらい。
会場ブリスベンの中心部とあり学生さんが多かったです。
日本なら教室の前に受付があって名前を確認しそうなものですがそんなことはせず、コース内で自己紹介も兼ねて。。。
なんて合理的!でもしゃべるのが苦手の私は緊張>_<

しかも、それだけじゃなかったー。。。
2日目はグループディスカッションやらプレゼンテーションやらでもう頭がパンパン!!

最後に4択問題が40問あるアセスメントをして終了。
講師の「先生に英語が心配だったら援助するから言ってね。」と声をかけていただいたので素直に手をあげ室外でワンツーマンで助けてもらいました。
4択なので何とかなったかもしれないけど質問の意味を取り違えていたら大変だしね。

全体の感想としてはとってもハイレベルな講習だなーと思いました。
救急救命なので臨機応変の対応が望まれますがある程度人体のことについて理解していないと難しいです。
脳卒中、外傷、凍傷や誤飲、ショック、蜘蛛や蛇、くらげにかまれた時の対応等、様々。。。
オーストラリアには毒蜘蛛や毒蛇にかまれる事故が起こる可能性があります。
身近に生息しているみたい(こわーーーい)
幸い私は結婚後に看護学校にいって1年間メディカルナースの勉強をしたことがあり、解剖生理学のことについて少し知識があったので何とかなりましたがそれにしても他の受講生の立派なこと!!

しみじみと教育について感じました。
現在のことは分かりませんが私が育った頃は意見を言うというよりは先生の話をよく聞くのが重要視されていたような気がします。
手をあげて発言するのはとても勇気のいることでした。
それは今に続いていて意見を言うのは苦手。。。
対照的に子どもの頃から自分の意見を発言し受け入れられ、他者とコミニュケーションをとりながら課題に取り組む学習方法をしてきているこちらの人は考えたり感じたり意見を言ったり聞いたりするのがとっても上手で魅力的に見えました。

パパにいったら会社の人もそうでいつもびっくりするといっています。
プレゼンテーションはどの人も日本では考えられないほど立派で良くしゃべり、聞いている人を納得させる力があるそうです。
その場でぱっと準備してしゃべる能力ってすごいなと思います。

話はそれましたが初めてネイティブの中に混じってコースを受講したことはとてもよい勉強になりました。
英語についてはかなり努力が必要だと改めて感じました。

1週間くらいで資格証明書が送られてくるようです。
無事受け取れるといいなあ。。。
[PR]
by aupokapoka | 2008-11-11 14:44 | 仕事への道

Potty

南半球のオーストラリアはもうすぐ夏。
この頃はプール遊びができるくらい暑い日もあります。
夏といえばトイレットトレーニングに最適な季節!!

さて1歳を過ぎた頃から徐々にPotty(おまる)に興味がもてるように絵本を見せたりウンチうをした時に「Poo-Pooでたね」なんていって働きかけてきました。

先日は嫌がって座らなかったPottyに自分から座り「Poo-Poo」という娘の姿を見て感動!
実際はただ座っているだけ(ズボンも履いたままです。。。)
ところがここ最近オムツをはずして座るように促すと時々座れるようになりました。
これはいい機会かも!?と思ってお風呂に入る前に必ず座らせるようにしていたらなんとPottyに水がちょっとだけ入っていました!!

あれっ!?もしかして。。。

初めてPottyでWee-weeができました!!
やったーーー!

と感動したのは一昨日の夜。

今日は娘の「Poo-Poo」(うんち)「Wee-Wee」(おしっこ)の言葉に振り回され成功ならず。。。洗濯物が増えただけでした>_<

あせりは禁物ですね。
[PR]
by aupokapoka | 2008-11-05 21:10 | 娘の成長

絵本

娘は絵本が大好き!
日中もなるべく読んであげるようにしていますが、寝る前には必ず1冊読みます。

娘は夜ベッドに行く前に棚から好きな本を選びます。
私が適当に4~5冊だしてどれがいい?聞くと嬉しそうに1冊選んで「ばっぷち!」(これがいい!)と本の上に手をおきます。または1冊手に持って、他の本を棚に戻します。
特に教えたわけではないのですがきちんと棚に戻すので感心です。
名詞は少しずつ言うようになりましたが動詞はまだ言えず、意味不明の言葉でいろいろと伝えてくれます。これがまた結構面白い!

娘のお気に入りの本は自分の好きなものがたくさん出てくるものです。
ダック、鳥、星、、、ページをめくるたびに覚えたての言葉を嬉しそうに発語します。
『はらぺこあおむし』『どろんこハリー』など日本でも有名な絵本は娘も大好き!
他にも図書館で見つけたお気に入りの本が何冊かあります。

お気に入りの本を見つけて何度も読むことはとても良い事だと思うので娘が素敵な本にたくさん出合えるように働きかけていきたいと思っています。

今は図書館が近くにあるのでいろんな本に触れることができとても恵まれています。
今日、初めて言った言葉は「teddy」(くまのぬいぐるみ)と「moon」(月)、「ear」(耳)です。

パパと英語は教えるのに限界があるから気をつけなくちゃね。。。と話していますがどうなることやら。。。(笑)
[PR]
by aupokapoka | 2008-11-04 21:19 | 言葉の発達