AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

アッティの部屋のドア

アッティは自分の部屋で自分のベッドで寝ています。
引越しが近いと期待して少しずつ片づけを進めていますがいつになるやら。。。

さてスペアのベッドルームにあった捨てようかどうか迷っていた大きなダンボール。
よく見ればちょうどドアの幅にぴったり!なのでアッティ用にドアを作ってあげました。
d0139138_5195541.jpg

トイレットペーパーの芯に折り紙を巻いてドアノブにし、ダンボールの端の一方を開けたドアの隙間に入れて完成です。
ペインティングもすればいいのですが面積があるので気が向いたらすることにして。。。

アッティはこのドアが大のお気に入りで作った日は100回くらい出入りしていました(笑)
私がアッティの部屋にいると「going!」といってドアを開け隣のベッドルームにいき「ララ~、ララ~!」なんて鼻歌を歌った後「I'm home!!」と戻ってきます。
鼻歌が歌えるんだー、と感心(?)する私を残してまた「I'm going.」とお出かけ。
1時間は楽しめ、その後も毎日楽しそうに使っています。

実は私、子どもとする製作活動が大好き!
紙と糊(ボンド)やはさみを使っていろんなものを作ります。
あんまり凝りすぎはダメ、簡単にすぐ出来て子どもも製作に参加できるものがGood!!
材料は廃材がなんと行っても最高です。
パパにすればゴミなのでいつも捨てられそうになるんだけど「捨てないで!」とストップをかける私。
だってタダだし、遊び終わったら捨てればいいもんね。
子どものおもちゃってなかなかその時々の子どもの興味にあったものを探すのが難しいもの。
手作りなら子どもにあったものが作れます。

先日アッティのおもちゃの整理もしました。
1歳前に使っていたものでもう使わなくなったものは箱に入れてしまいました。
1年に1回、半年に一回のおもちゃの整理からも子どもの成長が感じられます。

ドアは引越しまで楽しめそうです。
いつになるかな?
[PR]
by aupokapoka | 2009-03-27 05:38 | Parenting

みんな友だち?

なぜか恥ずかしがって誰にも挨拶しなくなった時期が2週間程ありましたがまた元気に挨拶が出来るようになったアッティ、最近はエスカレートしなんにでも挨拶します。

とにかく見たもの全部に挨拶!
先日は「Hello, poo-poo!」と私がアッティのうんちをティッシュにくるんで便器にポイッと捨てると挨拶していました。(笑)
スーパーに行ったら「Hello, tomatos! Hello, hum!」とやっぱりなんにでも挨拶!
もちろん見かけた人たちにも手を挙げて「Hello!」
その場を離れる時は「Bye-bye, see you!!」と元気にいいます。
日本で選挙活動のバイトが出来るのでは?と思うほど様になっているので面白いです!!!

思い起こせば学生の頃、発達心理学の講義で幼児は成長過程で何でも『擬人化』する時期があると学びましたがこれがそうなのかしら?
定義:『すべてのものが自分と同じように生きて心を持っているとみなす。客観的対象を主観化して認識』
この擬人化という現象はお絵かき等にもお花や太陽に顔を描いたりすることで表れます。

そういえば絵本も主人公が人間以外の物、動物や乗り物、雲や月など自然のものが多い気がします。小さい子向けになればなるほど。
生まれたての赤ちゃんは自分が人間だなんて知りません。
子どもには周りのもの全部が興味深いものでにうつります。
ところが大人の概念に触れたりや経験を通して嫌な事、苦手な事が出てきてしまいます。
もちろん、持って生まれた性格もありますのですべてが環境要因とは言い切れません。

私にもパパにも個々の性格があり価値観がありますがなるべくアッティに押し付けないように気をつけています。(限界もありますが)
親が苦手意識を持っていると子どもまで苦手意識を持ってしまうことが少なくありません。

アッティに限らず、どの子も無限の可能性を持っています。
みんな友だち、人も自然も大好き!
生きている事が楽しい!!嬉しい!!と感じる時間をたくさんもてるようにアッティの成長を援助したいなと思います。
こんなに伸び伸び出来るのはほんの一時かもしれません。
自我が出てきていろんな感情が発達すると悲しい事や上手くいかない事もたくさん出てくるでしょう。
その時々子どもの状態に合わせて適切な援助が出来るようにしっかり見守ってあげたいと思います。

オーストラリアで成長するアッティが今後どんな概念やら言葉を習得するのか楽しみです!
[PR]
by aupokapoka | 2009-03-26 11:49 | 娘の成長

どんどん吸収!

最近のアッティの言葉の発達は著しいです。
「Daddy, where are you?」と大きな声で何度か呼んで見つけることが出来ないと「Daddy gone」ともうここにはいないということを認識します。
私が「Daddy is working」と3日ほど前に言うと昨日は「Daddy working. Daddy pop in car!!」(ダディは働いている、ダディは車に乗った)と車に乗って仕事に出かけたと示すような言葉を言います。
面白いのはアッティのひとり言。
高いところに上ったり一端つまずいて転んだりすると「Be careful, Attie!」(気をつけてね、アッティ)と自分で言います。私が何か落としたりした時やアッティをおんぶして階段を下りるときなどにアッティは「Be careful, Mama」というので使い方はあっているように感じますし、教えたことは3日位すると使い出します。
すごいです!
私なんて1年経ってもあやふやな単語も多いのに。。。

週末に「What's your Daddy's(Mammy's) name?」と聞いて名前を教えましたが今までは食事の時などに「Dad Mama Attie!!」嬉しそうに家族メンバーのお皿を指差していっていたのが「○○(名前)○○(名前) Attie」と言うことも出来るようになりました。

昨日はBUNNINGのキッズアクティビティの後にお友達のMona&Abey(アッティと1ヶ月違いの女の子)のお家に遊びに行きましたがアッティとAbeyは二人でいろんな事を話していました。
もちろん大人はちんぷんかんぷん!
Monaはマレーシア出身のチャイニーズ、旦那さんはイギリス人。
Abeyは本当にお人形さんみたいにかわいい!
図書館で会ったお友達といろんな話をしたり子供同士を遊ばせるのは貴重な経験です。

今のところ大丈夫みたいですがアッティがお友達と遊ぶのに不自由のない程度の英語を習得して欲しいと思います。なんと行っても家で親が日本語なのですから日本語は後でついてくるでしょう。
実際アッティは両方の言葉をしゃべったりしますし、親の話を聞いて翻訳?することもあります。
パパと興味深いね。。。
とアッティの成長を楽しんでいます。
[PR]
by aupokapoka | 2009-03-24 05:29 | 言葉の発達

文化の違い?

相変わらず山あり谷ありの家の建設。
最低週に1回は進捗状況を見に行きますがその度に???というところがありビルダーとコミュニケーション。
パパは仕事の合間に連絡したり交渉したりする必要があるので大変。
私もスーパーバイザーに予約してアッティを連れて現場に行ったり結構大変。
しかも言いたい事をはっきり、英語で言う事に不慣れな私。
自分のもっている価値観や常識は全く通用しないので的確に希望を伝えないといけないのですがなかなか上手くできません。

いろいろな問題が起きますが半分は文化の違いと言うか私達の理解が乏しいせいもあります。
ビルダーとしては「何で聞かないの?」と言うところを私達は「何で説明しないの?」と思ってしまいがち。
というか家なんて一生に一度買うか買わないかの大きな買い物。
さらに建てるとなるとわからないことだらけ。
まず「何で聞かないの?」と言われても用語すら不明な時が多いですし、ちょっとでも家の建築に関して知識がある人ならどんな順番で建築が進むか想像してその都度気になるところをチェックしていけばいいのかもしれませんが全く想像もつきません。
またレンガを積む人、キッチンの業者、タイルを張る人、ペイントをする人等ビルダーは全部違う業者に発注します。連絡が行き届かないことも多く高さが違ったり、場所が違ったりと問題が発生します。

今回の問題はタイルについて。
タイルはショールームにいって選び品番を書類にしてもらいビルダーに提出。
それに基づいてビルダーは発注し張っていきます。
飾りタイルがあるのですが私が選んだのはコテージに似合うナチュラルな花模様でつぼみと開いた花が1つづつあります。
飾りタイルは横に張られる事になっていて、私はショールームでもらった見本のタイルの裏に番号もあったし選んだ時に開いている花が上向きに置かれたのでそのタイルはその向きになると思っていました。
花が上向きの方が私には自然な感じに見えたのです。
ところがいざ張られたタイルを見ると花が下向き!
あれっ?と思って尋ねると普通は「この向きだよ」との事。
そうなの!!!???
うーーーん?なんか全部が下向きになってしまったので落ち着かない。
どっちでも良いといえばいいのですがなんか落ち着かないし気になる。。。
そこで、駄目もとでスーパーバイザーに言ってみた。
「ショウルームで見たときに花は上向きだったしこの方向に番号があるでしょ。逆だから直して欲しいの。」
ギャリーは難しい顔をしながらもすぐにタイルやさんに聞いてくれ「直すよ。」と言ってくれました。
前にも書きましたがギャリーはやさしい雰囲気のおじさんで自分も2歳のお孫さんがいるとの事で私のつたない話も良く聞いてくれるし要望にも最大限答えてくれようとします。
ところがタイルやさんは「花模様に上も下もない。わざわざ替えたんだから120ドルね!」とギャリーに請求してきたのです。
私の話を聞いて一生懸命してくれたギャリー的には結果的にタイルやさんにコストを請求されると言う自分のミスに繋がったことになります。
タイルやさんもコストがかかると言わずに仕事をして終わった後に「はい、120ドルね!」ってちょっとずるいんじゃない!!と言う感じです。

反省点としては事前にきちんと確認しなかった事にあるんだけど
その1・私は上下があると思っていて花が上向きになると思っていた。
その2・契約書のなかにタイルやと打ち合わせをしたいかという欄に「No」と書いてあったので打ち合わせは出来ないと思っていた(ギャリーは何でYesにしなかったの?と言うけど「え?Yesに出来たの?」という感じ)

そんなこんなでいろんな事が起こります。
他にもたくさん!
たぶんビルダーにすると「なんでそんな事聞くんじゃい!」と言う事も多々あると思いますが何にもわからない私達は些細な事も気になります。
実際、予定高さにベランダの屋根がついていなくて50cmくらい持ち上げて付け直したり、廊下の天井の装飾品が低くついていたりいろんな事が起きています。

夢のマイホームへの道は険しいです。
でも、これがいい経験となるようにしたいと思います。
[PR]
by aupokapoka | 2009-03-18 05:45 |

Free activity in BONNING WARE HOUSE

今年に入ってから偶然知った、ホームセンターである無料のキッズアクティビティー。
輪投げ、道具箱、キーホルダーなどいろいろなものを製作します。
木にペイントしたり、シールをペタペタ貼ったり30~1時間くらいの活動です。

最初は勝手がわからなかったアッティもペイントはお手の物!
d0139138_541468.jpg

誰よりも小さいアッテイは椅子の上に立って参加しています。
私は後ろに待機し、必要な時に手を出します。

まだ小さいから。。。なんていって参加させずにいるとせっかくの機会を逃してしまうので参加できることは何でも参加させます。勝手がわかってくると何かに取り組む事は子どもにとって楽しい事です。
もちろん、子どもの様子を見ながらですけどね。
自分より大きい子の様子を見たり他の人の指示を聞いたりも貴重な体験、できるだけいろんな機会をもたせてあげたいと思います。

製作を終えると店内にある室内遊具で遊ぶのがお決まりのパターン。
大きな滑り台のついたクライミングフレームはアッティのお気に入りです。

今住んでいるところの近くにはお店やら公共施設が何でもあるので最大限に活用して楽しんでいます。
引越したら公園が近くにあるので今度は体を動かすことがメインになるかなー?
[PR]
by aupokapoka | 2009-03-17 05:59 | 娘の成長

言葉と概念の形成

アッティはもうすぐ21ヶ月(1才9ヶ月)。
日本語と英語を織り交ぜていろんな言葉を話すようになってきました。

*English*
歩いているトカゲをみて Gecko walking
寝ている私やパパをみて Mummy sleeping , Daddy sleeping
空を飛んでいる飛行機をみて Aeroplane flying high
自分が何か落としちゃったら アッティ droped ,
他の人が何か落としたら ○○(名前や名詞) droped
ボール遊びで投げる時 throw, 受け取る時 catch
何かを食べている人や虫などを見て ○○ eating
お風呂やプールで水をバシャバシャするとき splash! splash!!
ご飯を食べさせていたら Mummy help

手伝って欲しい時は Help me, please.

こんな感じで主語がつくときとつかない時がありますが動詞はずいぶん覚えてきました。
他には hot, cold
 up, down
  wet, dry
     big, small (little)
等、対になる言葉を生活の中でなるべく伝えるようにしていて、上記の言葉はすべて言えて概念も理解しています。
それと too big, too small, too hot, 等物事を比較することもあります。
重たいものを持った時に heavy 等の形容詞もよく使います。
生活の中で使う名詞はさらに増え、最近ではfridge(冷蔵庫)やsofa, chair, mat, TV等室内にあるものはほとんどいえます。

dog, cat, pig, cow, horse, 等の 簡単な動物の名前と泣き声は習得済み。
泣き声は張り切って大きな声で言うので面白いです(笑)
red, green, blue, orenge, yellow, purpul, pink, brown, black, white,等のベーシックな色は理解していうことができます。

数はパパがよく指を使って数えてあげていたら昨日、ついに
one, two, three, four, five, six, seven, eight, nine, ten!!
とまだ確実ではないものの10まで数える事が出来ました。

文字については
ABCの歌をなんとなくうたい、文字を見るとABCといいます。(例えばテレビについているSONYの文字をみてABCといったりします。)

アッティなりにいろいろと考えているみたいで面白いです。

*日本語
特に教えていませんが私がよく使う言葉は覚えていています。
例えば「アッテイ、手を洗ってね。」というと「wash hands」言いながら踏み台代わりの椅子を持って蛇口の前に行ったり、「アイスクリーム食べる?」と聞くと「」食べたーい」と言って自分の椅子に座ったり、 おんぶをしてほしいときは「ぶんぶん、プリーズ!」抱っこしてほしいときは「だっこ」等です。
私の英語が未熟なので指示を英語で出す事はできないし気持ちを聞く時などは日本語です。
言われた事はずいぶん理解できているみたいです。

最近は背丈もずいぶん伸びてなんだかお姉さんぽくなりました。
生まれたときは2426gととっても小さかったアッティもずいぶん逞しくなり嬉しいです。
小さく生まれておっぱいもなかなか吸えなかったアッティ、最初は不安でいっぱいだった育児ですが子どもの成長と共に私も母として、パパは父としていろんな事を体験し一緒に成長していくんだなーと最近改めて感じます。
[PR]
by aupokapoka | 2009-03-10 12:59 | 言葉の発達

大忙し&風邪

久しぶりの更新です。

我家は2月に家族の行事がたくさん。
パパのバースデー、バレンタインデー(永住ビザGet記念日)、私のバースデー。
私の父&母のバースデーも2月。
アッティの仲良しのお友達のEstelleのお誕生日も2月。
他の月より2~3日少ないせいもあっていつも気づけば3月という感じです。
それに家の建築のチェックをしたりビルダーとコミュニケーションをしたりと大忙しでした。

3月3日のひなまつりはアッティの大好きなワンピースを着せてスモークサーモンといくらを乗せた簡単ちらし寿司でお祝いです。
d0139138_13313793.jpgアッティったら初めて食べるしょうゆ付けにしたいくらを美味しそうに食べました!びっくりです。










d0139138_13355148.jpg

図書館のStory Time、先月は照れちゃってなかなか参加できませんでしたが最近またアッティなりに楽しんで参加するようになりました。

最近は週1回のペースでバスに乗り家のチェックに行きます。
パパと新しい家の近くのショッピングセンターで待ち合わせをして一緒に行きます。
d0139138_13402916.jpgバスの中でお昼寝。
たくさん外で活動した日はお昼寝もスムーズ。
家にいるとなかなか寝ません。。。

先週は明け方に気温が下がった日が多く、家族みんなで風邪をひいてしまいました。
アッテイは風邪で熱を出すのは2度目です。
幸い1日で復活。

もうすぐ秋になります。
季節の変わり目、気をつけなくちゃ!
[PR]
by aupokapoka | 2009-03-09 13:43 | 暮らし