AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

初めての登園

今朝アッティをキンディに送ってきました。
待ちに待った初日です。

アッティのキンディは1クラス(グループ)22名。
月・火・水のイエローグループ、水・木・金のグリーングループに分かれています。
水曜は隔週なので週に2~3日、2週間で5日通います。

アッティはキンディーに行くのをずーっと楽しみにしていて今朝も張り切って起きてきました。
朝ごはんをたべて、ランチボックスをリュックに入れて、日焼け止めクリームをぬって。。。
あまり張り切りすぎて疲れませんように。。。

早めに着いたキンディーでは入り口の前に5組以上の親子が待っていました。
今週は慣らし登園のような感じで週1でクラスの半分の子どもが順番に登園します。
グリーングループのアッティは今日、残りのグリーングループは明日の登園です。

9時に入り口が開いて身の回りの片付けをして靴を脱いで遊び始めます。
まぁ!みんなの靴の大きいこと!!
アッティのサンダルはベビーサンダルに見えます。

マミーに引っ付いている子が二人ほど、泣いているお母さんも一人いて、アッティを送り出して嬉しいはずなのになんだかこちらまで目がウルウルしてしまいそうでした。
アッティはというと
「Mummy, it's time to go! 」(お母さんは帰る時間だよ)
と早速遊びに夢中です。
泣く気配なんてこれっぽっちもありません。
私に抱かれおっぱいを飲んでいたアッティ、Mummy, Mummyと泣いていた小さいアッティはもうこんなに大きくなって喜んで外の世界に飛び出していったんだなと思うととても嬉しく、そしてちょっぴり寂しくもあります。

親として反省することも多々ありますが、これからも親として少しずつ成長していきたいと思います。
お迎えに行った時どんな顔をしてどんな話をしてくれるのか楽しみです!
[PR]
by aupokapoka | 2011-01-27 09:59 | 保育園・幼稚園

QLD歴史上最悪の大洪水

思い起こせば昨年の9月頃から天気の悪い日が多く例年なら暑くなるはずの12月になっても晴れた日は数えるほどの異常気象。
クリスマスも大雨続き。
新年にかけてやっと晴れ間が覗いたかと思いきやまた雨、雨、雨。。。
しかもシトシトと降る雨ではなく雷雨のような強い雨が続き時折弱まってはまた強くなる日が続きました。
そしてついに大洪水が起きてしまいました。

私達がゴールドコーストに来た2007年には長年続く干ばつへの対策として水の使用制限もあり水はとっても貴重でした。
翌年から徐々に雨が多く振るようになり水の使用制限も解除され草木に水をまいたり洗車にも水が使えるようになりました。
農作物も豊富に取れるようになり、干ばつから開放されてファーマーも安堵した事でしょう。
2009年の暮れから2010年にかけては良い天気が続き、夏の旬、果物の王様マンゴーも大豊作で安くて美味しいマンゴーをたくさん食べました。
ところが2010年(昨年)はマンゴーが不作、夏になっても暑くなく雨続き。
誰もがなんか変な天気だね。。。と感じていました。

そして今回の大洪水です。
いつもは静かな川、市民の憩いの場のリバーサイドの公園も、今は恐ろしく様変わりしています。上流で降った雨が濁流となりいろいろな物を飲み込んで恐ろしい流れとなって人々の生活をのみこんでいます。
ブリスベンの中心部、サウスバンクのボードウォークは水の力で切り離され流されています。
大きなコンクリートの塊となって流れていく市民の憩いの場、危険なのでタグボートが寄り添う様に両側について何とか行く手を操作しています。
川沿いにあった素敵なレストランも、道路も、そして何十万世帯というたくさんの家屋が泥水に浸かっています。
昨日も今日も雨は上がって青空も見られますがブリスベンの被害は今日がピークです。

自然の力の凄さ、恐ろしさを感じます。
幸い私達の家がある地区は郊外で川からも遠く高台なので直接の被害はありませんが、状況をニュースで知るたびに胸が痛みます。
4日前の月曜日には上流のToowoombaという町では突然津波のような水の壁が待ちの中心部を遅い50人以上の人が現在も行方不明になっています。

このような大災害の中、行政のトップは随時会見を開いて状況説明と対策を的確に市民に伝えています。
そしてSES(State Emargency Service)というボランティアの人たちが大一線で活躍しています。
行政、警察、SES、そして一般市民の方々のボランティア活動をしている様子がテレビのニュースで伝えられます。協力してこの困難に立ち向かう、互いにア助け合う様子に感銘を受けます。
今はアッティも小さく、私は被災された方にドネーションをすることくらいしか出来ません。
いつの日か出来る日がきたら困っている人の手助けをしたいと心から思います。

1日も早く被災された方が安心して暮らせる状況に戻れますように。。。
行方不明の方が無事見つかりますように。
そしてなくなられた方々のご冥福をお祈りします。
[PR]
by aupokapoka | 2011-01-13 13:44 | 暮らし

キャンプ情報

キャンプサイトの予約について。。。
私達の知る限りでは
一口にキャンプサイトといっても管理しているところによって値段も様々です。

①プライベート(私営)
いわゆる民間経営のキャンプ場、ホリデーパークなどがこれにあたるのだと思います。
値段は高め、大人二人で30ドル前後。子どもも2歳から料金が発生するところが多いです。
プレイグランドやプールなど施設内に共用のファシリティがあるところが多いようです。

②カウンシル(私営)
これは市が管理しているところで高くないです。(5~8ドル/人/泊)
各地にあるインフォメーションセンターなどで情報をもらい直接電話して予約したり、キャンプ場によっては入り口に掲示板と料金ボックスがあって封筒にお金を入れてボックスに入れるところもあります。

③ガバメント(州営 or 国営?)
これが一番お得。
大人5ドル、子どもは5歳以下は無料。
インターネットで予約できて1回は予約の変更も可能。
Bunya MountainsのキャンプサイトはQueensland Governmentのサイトだったので
http://www.derm.qld.gov.au/parks/bunya-mountains/camping.html
↑ここで予約しました。
3泊で30ドル、トイレも温水シャワーもあってお得でした!

自然豊かな素敵なところがたくさんあるオーストラリア、いつかキャンプ場を点々としながらオーストラリア中を旅行したいです。
[PR]
by aupokapoka | 2011-01-10 14:06 | アウトドア

キャンプ最終日

朝起きたら快晴!!
真っ青な空がとても綺麗な朝でした。
朝食を済ませパッキング開始。
テントをたたみ終え車に積んで最後のBush Walkingに出発です。

実はここBunya Mountainsにはキャンプ場が3つ
他にも貸し別荘がたくさんあります。
私達が泊まったのはDandabahというキャンプサイト。
温水シャワーやトイレ完備のとても良いところでした。
ゆっくり走ってもそこから車で5分ちょっとでしょうかBurton's Wellというキャンプサイトがあります。
そこの駐車場に車を止めてMt Kiangarow Track(往復2.3km)に行きました。
頂上は1135m、といってもコースはなだらかでアッティが駆け足で進んでいくほど。
あっという間に着きました。
d0139138_13294490.jpg

植生もまったく違いgrasstreeと呼ばれる木がはえ、色とりどりの蝶々が飛んでいて素敵なところでした。
景色を眺めながらとるモーニングティーは格別です。
アッティは大きなバナナ1本をたいらげ、さらに実家から送ってもらったアッティの大好物『とんがりコーン』を一つずつ指にはめて美味しそうに食べていました(笑)

名残惜しいですが、お昼頃にはBunya Mountainsを後にしました。
青空の下のドライブは気持ちが良かったです。
ところがブリスベンに差し掛かったところ(自宅まであと20kmほど)でストームが!!!
中央線も見えないくらいのどしゃぶりでしかも3日間も山の中にいたので交通量が多い中走るのは非常に怖かったです>_<
何とか無事に辿り着き楽しかった3泊のキャンプは終わりました。

次回は来週、Bunderberg(ブリスベンの北約500km)への7泊のキャンプを予定しています。
海がめの産卵を見に行きますが大雨の被害が深刻でついに昨日ブリスベンから北へ向うブルースハイゥエイが洪水の為寸断されました。
このままの状態が続くとBunderbergへはいけません。
今日も午前中からひどい雨が降り続いています>_<
早くお天気が回復しますように。。。
[PR]
by aupokapoka | 2011-01-10 13:46 | アウトドア

キャンプ3日目

早々に朝食を済ませBush Walkingに出かけました。
ところが、折れた木が道路をふさいでいて通れません>_<
そういえば夜中に風が強く雨もずいぶん降りました。

パパと二人で動かそうとしましたがまったく動かず。。。
仕方がなくUターンで引き返そうと思ったらなんと地元の人らしき小さなトラックに乗ったオージー(?)が通りかかり、「I have to go」といいながら木を動かそうとします。
そしたらなんと動きました!!
d0139138_5194790.jpg

さすがです!!
パパが「よくある事なの?」ときくと「ときどきね。この木は小さいから悪くなかったね。」と軽く答えて軽やかに車に乗って行ってしまいました。

道路が通れるようになってラッキー!!
またまたUターンをして数キロ先のエントランスへ。
Paradise FallsとLittle Fallsを見に行きました。
d0139138_5494925.jpg

Paradise Fallsを見た後次のLittle Fallsまで行こうとしたら、
d0139138_529323.jpg

なんと木が倒れてコースの地面に大きな穴を作っています。
もちろんコースは閉鎖で、これ以上は進めません。
往復1km強しか歩いていませんが朝のWalkingは終了。

キャンプサイトに戻ると子ども達が遊んでいました。
アッティも早速加わります。
そのうち、お友だちになったこと一緒になんとその子のテントに遊びに行っちゃって帰ってこない。
パパが様子を見に行くと、みんなで仲良く遊んでいるし、親御さんやおばあちゃん達も遊んでいて良いよといってくれているとの事。
ご好意に甘えてアッティを遊ばせてもらうことにしました。
一緒に馬車にも乗りに行き
d0139138_5372722.jpg

d0139138_5383220.jpg

たくさん遊びました。

ランチを食べた後もお昼寝の気配もなし!
お日様が顔を出したので昼寝をしていたパパを起こしてまたまたBush Walkingに出かけます。
d0139138_540591.jpg

元気いっぱい腕を振って歩くアッティ。





d0139138_542121.jpg

水の音ってなんだか和みます。



d0139138_544581.jpg


たくさん歩いた1日でした。
[PR]
by aupokapoka | 2011-01-07 05:46 | アウトドア

Bunya Mountains National Park 2日目

新年です。
アッティは朝から子ども達と井戸端会議?
d0139138_13223888.jpg

いつも思いますがキャンプに来ている子って遊び上手で優しく面倒見が良い子が多い!
アッティもすぐに打ち解けて一緒に遊び始めました。
原っぱになっているので親はテントの傍でのんびりしながら様子を見れるので安心です。

少々雨が降ってきましたが大丈夫。
Bush Walkingに出かけます。
Park内には9つのウォーキングコースがあって500m~10kmと様々です。
目的や体力に合わせてコースを選べるので小さい子でも充分楽しめます。
とりあえず一番近くのコースへ。
d0139138_13294084.jpg

木の間を歩いたり(アッティ大興奮!)
d0139138_13302923.jpg

滝を見ました。
大雨の為途中でコースが閉鎖になっていたのでとりあえず戻ることに。
1時間くらいで今日のBush Walkingは終了。

Bunya Treeの前
d0139138_1344141.jpg

大きな幹です。
d0139138_13332181.jpgBunya Treeはこの地方にだけある珍しい木です。太古の昔、恐竜時代から変わらず在るとか。。。
夏の終わりにはサッカーボール程の大きさの大きな松ぼっくりのような形の実をつけます。





d0139138_13465819.jpg









        インフォメーションセンターの人の話では落ちた時はドスン!と大きな音がするそうです。ちなみに牛もBunya Nutsを食べるのが大好きだそうです。(本当~?)
中にはBunya Nutsが入っていて大きなアーモンド形(5cmくらい)殻ごと茹でて食べたら甘くない干し芋(?)という感じでホクホクして美味しかったです。
Bunya TreeはBunya Mountains National Parkとても貴重な自然について体験できて本当に素晴らしいです。
[PR]
by aupokapoka | 2011-01-05 13:42 | アウトドア

Camping in Bunya Mountains National Park

心配されたお天気も回復し、大晦日のお昼頃いよいよ3泊のキャンプに出発です!
働き者のパパはなんと6時から10時半まで仕事をしてからの出発。
(早く帰るために他の日に残業をして埋め合わせた!天晴れ!!
こうやって有給をセーブしておくといざって言う時に使えるからだって。)

各地で洪水の被害がでているので辿り着けるか心配しましたが途中深さ15cmほどのクリークを横断したのみで目的地に着きました。

Bunya Mountains National Park
ブリスベンから北西250km、車で3時間ほどのところにあります。
到着したのは午後4時ごろ。
早速テントを張って周囲を探検です!
d0139138_12524550.jpg

隣のテントの女の子と原っぱを探索するアッティ。
(キャンプ場で日本人どころかアジア人にも会った事がないのに偶然にも隣が日本人ママ&カナダ人パパ&今月2歳になる女の子のファミリーでした!)
d0139138_12563938.jpg

ワラビーがゆったりと草を食べています。
青々としていて美味しそうな草でしょう。
実はアッティよりパパの方が大興奮でワラビーをみていました。

夕方、パロットに餌をあげたり、
d0139138_1324385.jpg


近くにあった『Old School』をみました。
d0139138_1344022.jpg

実はこの小さな建物の屋根には3000羽のChocolate Wattled Batsというコウモリが住んでいます。
日が暮れると屋根の隙間から外へ出かけていきます。(食事?遊び?)
最初、そんなにたくさん!?と思いましたが羽を広げた時でコンピューターのマウス程の大きさでしょうか、結構小さかったです。
ちなみにメスが屋根の上の方、オスが下のほうに住んでいるようです。
上の方が暖かいので子どもを育てるのに良いらしいです。

夕暮れです。
2010年もおわり明日は新年です。
Good bye, sun!
See you in new year!
d0139138_13124759.jpg


早めに夕飯の準備をして、シャンパンでお祝い!!
夜8時には寝ました。

つづく。。。
[PR]
by aupokapoka | 2011-01-05 13:16 | アウトドア

Happy New Year 2011

昨日キャンプから帰ってきました。
初日と最終日はとってもお天気に恵まれ、新年早々楽しいキャンプになりました。
今年は大好きなキャンプにたくさん行きたいと思います!!

皆さんにとっても佳い年になりますように。。。

キャンプの詳細は後ほど。。。
[PR]
by aupokapoka | 2011-01-04 12:46 | 暮らし