AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Family Fun Day in パパの会社

先週の土曜日、パパの会社でFamily Fun Dayがありました。
今回はこのイベントをすご~く楽しみにしていました。
なぜって『会社内見学ツアー』があるから。
工場見学って大好き!
小学生のときにパン工場やらかまぼこ工場の見学に遠足で行ったのを今でも覚えています。
ものづくりの過程を見るってすごく興味深いので薬作りの過程もぜひ見てみたいと以前から思っていました。
パパに冗談で中を見せてくれれば良いのにね~なんていっていたけど、そこは安全基準やら企業秘密(?)やらで一般人が社内に入るなんてもっての外!なんです。
ところが今回見学ツアーが実現しました!!
やったー!

メイン会場からバスで会社の入り口まで移動(バスは予約制で20分おきに出発)して参加します。
バッグや帽子等持ち物はすべて持ち込み禁止。
かなり厳重です。
なので写真等はとる事ができませんでしたが、すごく楽しかったです。
パパがラボにいたときにディゾルーションルームとかHPSLCとかいろんな用語を聞きましたが私にはいつも???でした。
やっと謎が解けて納得です。
粉を細かい粒子状にする大きな機械をみたり、パッキングのコンベアーをみたり、また薬の使用期限を設定する為に強度や耐性を調べるいろいろな実験の様子を見たり。。。
アッティはと言うと最初に着せられたラブリーな(笑)体を覆う布と帽子と靴で固まってしまいました。
もしかしてお腹が空いていただけかも?
アッティはそっちのけで私のほうが楽しんじゃいました。

見学後はメイン会場に戻って乗り物に乗ったりアイスクリームを食べたり、ランチを食べたりと盛りだくさんでした。
d0139138_2181460.jpg


d0139138_2183699.jpg

安全週間もかねていたのでパトカーや救急車、消防車、SESなども見学できました。

d0139138_2185619.jpg


d0139138_2191772.jpg

[PR]
by aupokapoka | 2011-10-29 21:09 | 暮らし

リリーフワークと来年の仕事

外で働くって素晴らしい!!!
もちろんアッティが小さいうちは家で働けただけでもいいのですがやっぱり仕事とプライベートを分けられるって良いです。
アッティが行っているキンディと同じグループのチャイルドケアセンターなんですが楽しかったです!
チャイルドケアセンターは個人経営もしくは会社経営のところが多くて営利主義=子どもへの対応が良くないといううわさを多く聞きます。
もちろん、地域により、センターにより千差万別だとは思うのですが私がリリーフで行ってきたセンターはなかなかいい感じ!
家から23kmとちょっと離れていますがハイウェイを制限速度の100km/hで行けば25分ほどで着きます。
しかもすごくすいていて渋滞する事はまったくなし!

今朝も仕事のオファーが来たのですがすぐにメール返信したにも関わらず残念ながら他の人に先を越されてしまいました>_<
なので久しぶりのOFFです。
アッティをキンディに送って行った足でゆっくり食材の買い物にいってPCに向う時間ができました。

今日、1つ嬉しい事が!
アッティのキンディの来年のポジションについて問い合わせていたのですがもしかしたらカジュアルで週に1~2日働けるかもしれません。
まだはっきりしませんがダイレクターに「それの書類を午後に渡すからね~」と言って頂いたので可能性大!!!(?)
チャンスがあるというだけでも本当に嬉しいです。
『笑う門には福がある』 はず!
スマイルでがんばるぞ~~~!
[PR]
by aupokapoka | 2011-10-27 10:48 | 仕事への道

リリーフワーク

オーストラリア初面接は残念ながら成功しませんでしたが外で働けるようにできることから始めています。
なんといってもオーストラリアは経験がものを言うのでできるときにどんな経験でもするに越した事はありません。
今は水曜日&木曜日はホームケアの仕事をいれずオフにしています。
その代わりリリーフワークの仕事の登録をしたのでオファーがあればチャイルドケアセンターに働きに行きます。
明日はその2回目。
オファーがあってもアッティが家にいる日だったり、偶然他の用事と重なったりしてなかなかいけないのですが明日はパパに休みを取ってもらって行って来ます。
(パパはシティにパスポートを取りに行かなくちゃならないので、休みを取ってもらいました。)
前回はフローターのポジション(スタッフの休憩中に代わりに各クラスに順番に入る仕事)でしたが今回はキンディクラスのアシスタントです。
時間も短く10:00~15:30。
楽しみです!
[PR]
by aupokapoka | 2011-10-25 19:40 | 仕事への道

Girraween National Park

9月のスクールホリデーに4泊5日でキャンプに行ってきました。
NSW州とQLD州の州境、QLD側にあるGirrween National Parkです。
我家からは車で3時間半ほど。
変わった形の大きな岩がたくさん見られるところなので以前からとても楽しみにしていました。

お天気は快晴!!
ウォーキングコースがたくさんあって素晴らしいところでした。
d0139138_11324226.jpg

こんな感じの大きな岩がバランスよくあるんです。
う~ん?なんで転がらないんだろう???
面白かったのはPyramid(ピラミッド)というコース。
最後は山の頂上は岩肌で傾斜がすごい>_<
アッティは坂もなんのそので、ずんずん登っていくので大人の方がハラハラしました。
d0139138_11373341.jpg

4kmのコースで坂も急なのにアッティは誰の助けも借りずに歩ききりました。
Well doon!!
そうそう、見てください。
アッティの足元。
最近は山歩きと言うと必ずズボンの上に靴下を履きます。
アッティに聞くとこれが安全だからとの事。
以前レインフォレストに行った時に足元の肌が少しだけ見えていてヒルにかまれた事があります。
それを良く覚えていてアッティなりに防護策をとっているようです。
とってもここはドライだからヒルはいないと思うけど。。。(笑)

翌日はクリークそ沿いのコースへ。
d0139138_11431157.jpg

本当に岩盤ばかりで興味深かったです。
クリークの流れは穏やかだし、傾斜も緩やかなので自然のウォータースライド(?)を楽しんでいる人もいました。
4泊5日はあっという間です。
他にも10kmのコース等いろいろあったのでアッティがもう少し大きくなったらまた行きたいです。
[PR]
by aupokapoka | 2011-10-21 11:46 | アウトドア

とっても悲しい出来事

久しぶりの更新です。
この数週間いろんな事があってやっと落ち着いてきたところです。
私的な事をブログに書くのはとても抵抗があるのですがなんとなく今の気持ちを書き記しておきたいので
書きます。

実は9月の初旬に妊娠が判明!
2人目ができたらなぁと思って数年、ほとんど諦めかけていたところに人生2回目の妊娠をしました。
自分でもびっくり!&嬉しいので毎日ニコニコして過ごしていました。
実はオーストラリア初インタビューの日の午前中、妊娠7週の超音波検査をしました。
(インタビューはお昼からの予定)
前週から遊びに来てくれていた母にアッティを預け「ベビーの心音か確認できるはず!楽しみ~~~。」とワクワクして出かけました。
悪阻も少しずつ感じていたし、私的には何の疑いもありませんでした。
ところが、「う~~~ん?ベビーは見えないね。。。胎のうはあるけどね。Drにもう一回行った方がいいね。」と検査技師の人に言われました。
私は頭が真っ白!
ベビーがいない?いったいどういう事?
そして気が動転したまま何とか面接会場に到着。
手ごたえは×。
やっぱり英語の勉強+もっと場慣れしなくちゃ(数をこなさないと)と言うのが感想でした。

ベビーがいないと言われたけど悪阻はひどくなる一方。
せっかく来てくれた母においしい物を作ってご馳走してあげようといろいろ考えていたのに何もできませんでした。。。
翌週にもう一度超音波検査を受けましたがやっぱりベビーの姿は見えず、胎のうは少し大きく成長しているとのこと。血液検査ではホルモン値は正常な上昇を示していて悪阻もあるのにベビーはいない。。。
いろいろと調べると繋留流産のなかに枯死卵というのが出てきました。
発生の段階で何らかの異常のためベビーが成長できなかったと言うものです。
結果、GPから病院を紹介され流産のソウハ術を受けました。
全身麻酔でシアター(手術室)で処置を受けた時は涙が止まりませんでした。
母が帰国する2日前の事です。
翌日は風邪を引いたのか39度と越える高熱で1日ベッドで過ごしました。
そして母が帰る日の朝も体調は回復せず、家で見送る事となってしまいました。

震災で大きな被害を受けた母に(今回父は仕事で来れませんでした。)ゆっくりしてもらいたかったのにゆっくりどころか慌しく2週間が過ぎてしまいました。。。

実は7月から持病の自己免疫疾患の治療のためにプレドニゾロン(ステロイド)の服薬を始めた矢先の妊娠発覚でした。皮膚科のDrはメトトキサレート(抗悪性腫瘍薬)の投薬も進めましたがメトトキサレートの服用に踏み切ると100%妊娠は諦めなければなりません。アッティを産んでから何度も投薬を進められましたが妊娠を希望していたので伸ばし伸ばしになっていたのです。
明日、皮膚科のDrの受診の日です。
プレドニゾロンの投薬を開始して1ヶ月で妊娠の為投薬中止をしたので効果の程は不明です。
明日また今後の治療方針について話し合わなければいけません。

今回の事はとても悲しい出来事でしたがアッティが無事生まれて来てくれた事が本当に奇跡なんだなぁと感じました。
手術から10日余りたちやっと心身ともに落ち着いてきました。
悲しんでばかりはいられないのでまた心が元気になったら前を見て頑張りたいと思います。
現在は無理せず休養中。。。

そうそう、初インタビューはやっぱり残念な結果に終わりました。
元気になったら次の目標に向って頑張りたいと思います。
[PR]
by aupokapoka | 2011-10-18 19:33 | その他