AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

チャイルドケアシステム

オーストラリアに暮らしていて良いなぁと思うのがチャイルドケアシステムです。

日本では3歳未満児は保育園や保育所、3歳児からはそれに加えて幼稚園が一般的ですよね。
他には市町村によって保育ママの制度があったり、ベビーシッターを派遣してもらったりというオプションもあると思いますがまだまだ一般的ではないように感じます。
また日本は4月入園、3月卒園が一般的。
一時預かり保育のような制度もありますが誰でもすぐに使えるようには感じられません。
日本で育児をしながら働くって本当に大変な事だなぁと常々感じていました。

さてオーストラリアのシステム。
子どもをどこかで預かってもらいたい時はまず施設を探します。
①デイケアセンター
②ファミリーデイケア
③キンディ(州によってはプレスクールと言うみたいです。)

③のキンディは私が住んでいるQLD州では3歳半~4歳半の子が行きます。
(プレップをスタートする前年に行きます)
スタートは1月、12月で終了です。
2週間で5日のプログラム。
1クラス22人の子どもに先生が一人アシスタントが一人つきます。
月火+隔週の水曜日クラスのAグループと木金+隔週の水曜日のBグループがあります。
日本で言うと幼稚園の年中さんといったところです。

キンディの良いところは基本的に同じ先生、同じクラスメンバーで1年を通して学べるところです。
保育時間は9:00~14:30(キンディによって30分くらい前後するようです。)
日本の感覚で言うと当たり前のように思いますがこちらではパートタイムで働いたり、子どもをケアに入れるのも一般的なので同じメンバーで過ごせると言うところがポイントです!
キンディはApproved careなので申請すれば$0.55/hの政府からの補助がもらえます。
1日あたりの保育料は約$25、2週間で5日なので月に10日とすると月謝は約$250になります。
保育料は月々払うのでその月の保育日数が少なくても払う月謝は一緒です。
スクールホリデーがあり10週通って、2週間のスクールホリデーまた10週通って2週間のホリデーと言った感じで4学期に別れています。

次に①のチャイルドケアセンター②ファミリーディケアについて。
こちらはRegistered Careになります。

キンディとの違いはRegistered Careだと所得と子どもをケアに入れる数に応じて政府からの補助の割合が変わってきます。
この補助を受ける為にはFamily Assistance Officeに家庭の所得やら就業状況を伝えます。
例えば両親の一方がフルタイムワーク、もう一方が週に15時間以上働いていれば最大で50時間、それ以下なら24時間の補助が受けられます。
Family Assistance Officeに申請して審査されるとChild Care Benefit(CCB)%を得られます。
この%に応じて1時間当たりの補助が決まります。
現在は$3.78/hの補助がでます。
でもこれ実は計算式があります。↓
$3.78×預ける時間/w×CCB%×小学校就学前100%/小学生85%×133.3333
なのでCCB100%だと1時間当たりの補助が出ます。
所得が多ければ多いほど%が低くなります。

①と②の違いは
①は1日あたりで保育料をチャージします。(このあたりだと約$63~75/day)
②は時間当たりでチャージします。

空きを確認して、預けたい曜日や時間を相談してケアに入れることになります。
どちらが良いかは個々の家庭の考え方やの生活スタイルによると思います。
さらに①or②にケアに払った保育料の内半分は申請すれば後で返ってきます。
なので実質払った分の半額でケアを受けられるわけです。

オーストラリアの保育システムの方が柔軟で選択できる点がいいなぁと思います。
日本もシステムを整えて子どもを産み、育てやすい環境を作って欲しいなぁと思います。
[PR]
by aupokapoka | 2011-11-30 14:07 | 社会福祉

信頼と安心

キンディに行くのも残すところあと数日となりました。
私はというと週に1~2回センターにリリーフワークに行っています。
アッティがキンディに行っている間が主ですが、さてアッティのキンディが終わったらどうしよう。。。
そこでアッティに相談。。。

アッティがいいというので先週の水曜日初めて他のケアラーさんにケアをお願いしました。
一度下見に行っているとはいえ9時から4時まで一日他の家で過ごすのは初めて。
しかもその日はいつも補助をしている子がお休みとかで、私の仕事はなし>_<
でもアッティはケアに行く気満々なので連れていきまいた。

結果、、、

すご~~~~~~く、楽しかったって!
良かった~。
来週も行く気満々なので本当に一安心です。

キンディに入った今年の一月、スタートは良かったものの私から離れられなくて泣いていました。
半年は泣き続け、最終タームの10月になってやっと自分で離れられるようになって今はきちんと「Have a good day!」がいえます。本当に成長しました(嬉)
そして、今は新しい環境に行っても自分らしく遊んだり、何でダディとマミーがお仕事するかもわかっていてきちんと自分なりに時間を過ごせるようになりました。
『自分の世話をしてくれる人を信頼して楽しく時間を過ごす』
アッティこの1年でずいぶん成長しました。
アッティ、4歳5ヶ月、きちんと話を聞いたり我慢したり、何かに一生懸命取り組んだり本当に健やかに成長しています。

初めてのユニフォーム。。。
d0139138_5492478.jpg

新入学に向けて少しずつ準備中です。
学校が始まるのをすごく楽しみにしているアッティです!
[PR]
by aupokapoka | 2011-11-25 05:51 | 娘の成長

新入学準備

ついにアッティも来年には学校に入学します。
と言っても日本で言う幼稚園の年長さん。
OLQ州では2007年(だったと思います。)から小学校に0年生が併設されました。
0年生は小学校準備(プレパレーション)クラスなのでプレップクラスと言います。
アッティもついに週に5日間学校に通うようになります。
大きくなりましたー!

ところで学校選びですが迷いに迷った末に近くの私立の学校に入れることにしました。
私達夫婦では教えられない西洋(?)のマナーやきちんとした英語、先生と信頼関係をしっかり築いて健やかに成長して欲しいからです。
学費はかなりお高いけど>_<お金では買えない貴重な経験をたくさんしてほしいので思い切って決めました。

先週は朝に1時間のオリエンテーション、昨日の夕方にはウエルカムイブニングと称して来年プレップクラスに入る子の顔合わせがありました。
来年のプレップさんは今のところ全部で26人との事。
それが2クラスになるので1クラス13人、いい感じの少人数スタートのようです。
うち女の子は8人ですって。
1クラス4人の女の子のうちの一人がアッティになるわけです。
どんなお友だちができるか楽しみ~。

さて親の方はというとおしゃべりが苦手な私達でも溶け込めそうないい雰囲気でした。
南アフリカからの移民のNさんはとっても優しそう、中国からのKさんは元気いっぱいで明るい感じ、オージーのTさんご夫婦もしっかりしたいい感じの方だし、Sさんはなんと旦那さんがパパと同じ会社。
先生方もとっても気さくで雰囲気のある方ばかり、一見してただ遊ばせているように見えるけどしっかりと子どもを観察していてすでにクラス分けやら子ども達個々へのアプローチの仕方を検討しているそう。

私達には何もかも始めての事ですが心配せずに学校をスタートできそうです。
アッティも、私たち自身も。。。
なんといっても私のつたない英語でも物怖じせずにお話を楽しめるのは相手の方がきちんと耳を傾けてくださるからです。
私達はアッティに「世界中のいろんな人と関わって尊重し合いながらハッピーな人生を歩んで欲しい」なぁと思っています。
お友だちからいろんな国の話を聞いたり、自分が知っていることを話したり、学校生活の中で豊かな知識と経験を育んで欲しいと思います。

アッティが4歳になった頃から絵日記を描くように励ましていました。
曜日、日、月 プラス自分で感じた天気(晴れ、曇り、雨、寒い、暑い等)を添えてあったことを絵で表現する。
アッティはお絵かきが好きなのでついでにアルファベットや数字の練習も兼ねて。。。

d0139138_20213368.jpg

先週学校に行った時の絵。
庭に咲いている花が印象的だった見たいです。

d0139138_20215558.jpg

金曜の夜に建設中の新しい校舎まで歩いていった時の絵。
最近、日中は暑くてなかなか公園まで足を伸ばせずにいたので夕飯の後1時間ほどナイトウォークに出かけました。アッティの学校までゆっくり歩いて片道25分。
木々の間を飛び交うコウモリ(?)を見たり、かえるを見たりと日が暮れた後ならではの生き物を見たりとアッティにはとても楽しい散歩になったようです。

子どもの絵って本当に面白い。
楽しい事があった後は本当に伸び伸びをじっくりいろんな色を使って表現するんです。
いつまでも伸び伸びと自分を表現できる環境を作ってあげられたらなぁと思います。
[PR]
by aupokapoka | 2011-11-09 20:30 | 娘の成長