AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

21.4km

私達夫婦が子育てで大切にしている事の一つが歩くこと。
長い距離を歩くことは精神力と体力の両方を向上させる上でとても良いことだと思っています。
アッティが14ヶ月で歩くようになってからというものとにかくよく歩くようにしていました。
アッティ自身も歩くのがとても上手で好きだったので事あるごとに一緒に歩いていました。
そしてとうとう8時間かけて21.4kmを歩ききりました。

先週の週末、パパの希望でLamington National Parkに行ってきました。
Lamington National ParkはBinna burra section とGreen Mountain sectionに別れています。2つのsectionはwalking trackで結ばれています。
土曜日にGreen Mountain sectionにテントをはりゆっくりと過ごし翌朝早々にテントをたたみパパとアッティは21.4kmコースに出発。
私は10.9kmコースを歩いてから車でBinna burra sectionに移動。
車だと64kmの山道で1時間半ほどかかります。
d0139138_19264833.jpg

d0139138_1927892.jpg
d0139138_19272186.jpg

無事に到着!!
21.4kmを歩ききりました。
アッティ6歳8ヶ月、よく頑張りました!!

ちなみにパパ曰く11~2kmを越えたあたりでドラマがあったそう。
10kmを越えると疲れがどっと出てきます。
アッティも疲れて少し涙が出てきたそうです。
しかし算数が得意なアッテイ(3桁の足し算、引き算や基本の掛け算、簡単な分数等はお手の物!パパに似たらしい。)は歩いた道が何キロで歩かなくちゃいけない残りの道が何キロか簡単にわかってしまいます。
進んでも戻っても歩く距離は同じ、じゃあ進んだ方がいい!と言うことで気を取り直したそうです。
着いた時は結構元気だったので迎えた私がびっくりしたほどでした。

帰りの車で30分ほど昼寝をし家に着いたらまた元気になったアッティ、恐るべし子どもの体力。
翌日もどこも痛くないと元気に学校に行ったアッティ。
体中だるくて筋肉痛だった大人の私達。
数日は辛かったです。(とほほ。。。)
[PR]
by aupokapoka | 2014-02-14 19:41 | 娘の成長

Mon Repos Coservation Park in Bundaberg その2

海ガメの赤ちゃんを見る事ができ大満足のアッティ、参加者みんなで海へ向う赤ちゃんガメを見送りました。
ここでディスプレイがあるメインのビルディングに戻りたい人はレンジャーについて戻り、まだビーチに残りたい人はもう一種類のカメの赤ちゃんをみれるとの事。
アッティに聞くと、せっかくだからみたいとの事でした。

Mon Repos beachに産卵に来るカメの95%がLoggerhead Turtle、3%がFlatback Turtle、2%がLeatherback Turtleです。
なんとFlatback Turtleの赤ちゃんが巣から出てきたばかりとの事でラッキーにもみる事ができました。
d0139138_1854289.jpg


Flatback Turtleの赤ちゃんはLoggerhead Turtleの赤ちゃんに比べると二周りくらい大きくてびっくり。
海へ向う時もどんどん進んでいきます。

孵化したカメの1000匹に1匹しか産卵に戻ってくることはできないと言います。
元気に帰ってきてとの願いをこめて海へ消えていくカメを見送りました。

テントに戻るために車に乗ったのが夜11時半、アッティ遅くまでお疲れ様でした。
[PR]
by aupokapoka | 2014-02-03 19:04 | アウトドア

Mon Repos Coservation Park in Bundaberg

ブリスベンから北へ車で5時間のバンダバーグ。
Bundaberg RumやGinger Beerが有名ですが夏の時期はウミガメの産卵で知られています。
11月から1月までが産卵の時期、1月から3月までが孵化の時期です。
Mon Repos BeachにはたくさんのLoggerhead Turtleが産卵にやってきます。
前回は2012年のお正月に産卵を見て大感激したので絶対に孵化の様子も見たいと思っていました。
ところがこの時期、最近は毎年のように大雨(→洪水)に見舞われなかなか行く機会がありませんでした。
今年は雨が少なく、お天気も持ちそうだったので3泊4日のキャンプ+ウミガメの孵化を見に行ってきました。

Mon Repos Coservation Parkのツアーは夜の7時から夜中の2時まで。
ウミガメが産卵をしに浜辺に上がってきて穴を掘り産卵体制にきちんと入ったところでレンジャーがビーチに参加者を連れて行ってくれます。
ウミガメは光に敏感なのでちょっとした光でも恐がって産卵をやめて海へ帰ってしまう恐れがあるので慎重に対応しなければならないそうです。
前回は4時間半もまってやっと見る事ができました。
今回は勝手知ったる2回目と言うこともあり、前回のように早めに行かず受付が始まる夜6時45分に到着するように出かけました。
装着すると案の定受付を待つ人の列ができていました。
ところがなんだか慌しい様子で、名前を呼んでいます。
着いた途端に、私の名前が呼ばれ違うゲートから早々に中に入れてもらう事ができました。
???
なんと、まだ日も沈みきっていないのに(通常は暗くなってから浜辺に来る)1頭のウミガメが産卵体制に入っているとの事。
すぐにビーチへ案内しますとの事でびっくり!!!
なんて、ラッキー!!
前回は4時間半も待ったのに!?

d0139138_19455997.jpg


アッティはビーチへ行く間、「マミー、アッティnesting(産卵)じゃなくてHatching(孵化)を見たいの。」
と贅沢な悩みを言っていましたが(笑)2年ぶりに産卵はやっぱり感動でした。

海に帰る大きなカメを見送った後はセンターに戻って一休み。
展示物を楽しみます。
d0139138_19492958.jpg


さて次にいつ呼ばれるかは誰にもわかりません。
待ちくたびれてアッティも疲れて眠くなってきた頃、再びビーチへ連れて行ってくれるとの事で眠気も一気に吹き飛んだアッティ。
昨日孵化した巣をチェックしてベイビーが残っていないか確かめるとの事。

いました!草の根にひっかかって出てこられなかった4匹の赤ちゃん、かわいい!!
d0139138_19514960.jpg


続きは明日。
[PR]
by aupokapoka | 2014-02-02 19:54 | アウトドア