人気ブログランキング |

AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

This is the best cake ever.

昨日、裏庭でままごと遊びをしていたアッティ、パパにケーキを作ってあげて「Here Daddy!」に続いていった言葉が「This is the best cake ever!」です。
d0139138_1228756.jpg

私達はアッティに1度もこんな表現を使ったことはありませんが(親は英語が口からさらっとは出ません。。。)絵本やテレビの子ども番組でよく出て来る表現です。
This is the best ~ I 've ever seen.(今まで見た中で一番の~)という表現です。
時々I've, seenは省略されている事もあるのでアッティが言った言葉は省略したものでしょう。

この頃のアッティは基本的に日常のコミュニケーションに不自由する事はありません。
要求は下記の2通りでほとんど通じますし
①I want ~/ I don't want~
②Can you ~(pick it up/ open it/ hung it/ help me/ ete...), please?
日常に必要な挨拶Good morning/ Hello/ Thank you/ You're welcome./ Are you all right?/Good night.等は状況に応じて使い分けることが出来ます。

はっきり言って私の英語力ではアッティに教える事は難しくなってきました。
そろそろアッティから教わらないと!!という状態です。

さてこちらに住んでいる英語が母国語ではない人のほとんどは家で自分達の母国語を子どもに教えています。みなさん英語は学校に行くようになったら覚えるから今のうちに自分達の言葉に触れる機会を作りたいという理由からです。

私達は夫婦の会話は日本語、アッティには出来る限り英語で生活しています。
テレビは100%英語、絵本は8割方英語で2割は日本語。
お会いした日本人のお母さん方には「家と逆ね~」と言われます。

私達は言葉はコミュニケーションの手段ととらえています。
なのでオーストラリアで暮らすアッティは基本的に英語をしゃべれば他の人とコミュニケーションがとれるはずです。
今では図書館のスタッフ、ホームセンターのキッズクラスの担当スタッフ、スパーのレジの人、公園で会った人、道端であった人などに手を挙げて「Hello!」と挨拶が出来ます。話しかけられれば自分なりに受け答えをしようとします。何度も合っている図書館やホームセンターのスタッフの名前をちゃんと覚えていて「○ ○ is waiting for アッティ!」と参加するのを楽しみにしています。
お友だちともコミュニケーションがとれて遊べるようになれば大好きなごっこ遊びもますます盛り上がるでしょう。
少しでもその機会を持てたらなぁ~と言う願いから基本的に英語が先、日本語はそのうち覚えるでしょうと考えてきました。

そんなアッティの様子を見た私の友達イングリッド(インドネシア出身)。
今まで多くの人の意見を参考にインドネシアの言葉を娘エステルに教えるようにしていましたがエステルが発言しても友達が理解しないで遊びが続かないことに疑問を覚えたらしく、少しずつ英語に重点を置こうかしら?なんていっていました。

自分で発言した言葉が理解されないって大人でも悲しいもの。。。
私も勇気を振り絞って言った英語が通じなくへこたれた事が数え切れないほどあります。
子どもには自信を持って生活して欲しいので我家は親の力の及ぶ限りは英語で突き進みます!

ところでアッティの日本語。
言われた事はほとんど理解していますし日本語の単語もたくさん覚えてきました。
面白いのがアッティは自主練習を勝手にする事です。
お誕生日に西山さんご夫妻に頂いた『童謡のうた絵本』20曲の童謡がボタンをおすと流れてなんと歌詞&カラオケ付き!(西山さん、玲子さんありがとうございます!!)
アッティは気が向くとボタンをおして歌を聴き勝手に『いとまきまき』を完璧にさらに他の数曲も半分くらいは歌える様になりました。
あと1ヶ月もすれば歌える歌がもっと増えると思います。

アッティに多くの人とコミュニケーションをとって自信を持って生活してほしい。。。
パパと私の願いです。
by aupokapoka | 2009-08-03 13:16 | 言葉の発達