AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

言葉の獲得

最近、娘が「だーだ」「ぱっぱっぱ」「んまんまんま」「まんま」等といろいろな発語を楽しんでいます。
パパは「だーだ」と言われるたびにダディといっていると信じて嬉しそうにしています。
とはいっても家の中は日本語環境。
パパのことをダディって言うなんて娘自身が知る機会はほとんどないので単に「だーだ」が言い易いのでしょう。

さて日本で育てば当然日本語を自然に習得します。
AUで育つとどうなるかというと分りません。。。

そもそも言葉の獲得にはかなりの個人差があるので一概にどこで育ったからだけではくくれないように思います。

私は娘に「お家の言葉」「お外の言葉」と日本語と英語を使い分けていきたいと考えています。

人によっては家でも英語の方がいい(私自身が英語がダメなのでこれは無理ですが。。。)と言いますが、他の人に言わせると家では自分の国の言葉で話さないと子どもが英語以外の言葉を習得する機会がなくなってしまうと言います。確かに納得です。
私達が日本語を伝えなかったら娘は日本語を覚える機会がないわけです。

また興味がないと何でも覚えないものです。
私との会話は日本語、外に連れ出し英語に触れる機会もなるべく作って行きたいと思います。

思い起こせば小学生の頃何度も漢字の練習とかしましたよね。
だから今漢字、ひらがな、カタカナと使い分けられるわけです。
日本語って難しい。文字が多すぎです。

娘には日常生活に支障のない程度の日本語を習得してもらえたらなと思います。
そのためにも毎日絵本の読み聞かせをしています。
娘も喜んで絵本を見るので楽しいです。

英語に関しては本人のやる気に任せましょう。
私も娘と共に英語を習得しなければ。。。
[PR]
by aupokapoka | 2008-02-20 11:28 | Parenting