AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

なかなか大変。。。

家を建てると誰かにいうと、建てた経験のある方は「きちんとチェックしないとダメよ」とみなさん口を揃えていっていました。
何のことだろう???と思っていましたが最近になって納得。

家の建築にあたりビルダーは土台の作業をする業者、レンガを積む業者等その都度外注して作業をこなす。
スーパーバイサー(責任者)は時々現場に行ってきちんと作業が進んでいるかチェック。
私達のスーパーバイザー、Garyは気さくでとても良いおじさん、2歳のお孫さんがいるとかで見に行くといつもアッティの事を気にかけてくれます。
仕事もしっかり出来そうな感じなので安心していました。
ところが、、、
いろいろな問題が浮上し、最近ビルダーとのやり取りで大忙しでした。
まず、選んだキッチンのドアがないから選びなおして欲しいと連絡がきてシブシブ変更。
先日は家の正面玄関から道路に続く階段の位置が中心から30cm以上ずれている事に気付きました。
これでは変です。
早速、修正を依頼しましたが水道の元栓があるからだとかなんだかんだとごまかそうとします。

してもらって当たり前の日本とは正反対で自分で何でも聞かないと適当に物事が進んでしまいます。
建築にあたり最終サインをしたときに週末に家を見たいときは同じ地域にある住宅展示場に行って鍵をもらって見れるといっていたのに、今週末に見たいといったらオフィスまで鍵を取りに行って月曜の朝に返す必要が
あるといわれました。
オフィスの場所は全く違うところにありもちろん早朝や夕方は誰もいません。
平日に忙しいから週末に見に行きたいのに平日の昼間にオフィスまで行くのは大変です。
それでは私達オーナーはチェックしにくいです。
しかもシステムが変わったのならきちんと知らせてくれないと!(←日本人的考え)
オージー的には何で聞かないの!?という感じ。

私の言葉のつたなさと文化の違いもあってなかなか大変です。。。

素敵な家を建てるには努力が必要ということですね。
[PR]
by aupokapoka | 2009-02-27 11:26 |