人気ブログランキング |

AUのんびり暮らし

aupokapoka.exblog.jp
ブログトップ

2011年 05月 06日 ( 1 )

キャンプに行く理由

自然の美しさはもちろん、必要な物を準備したり、自分で考えて行動したりいろんな体験が出来るからです。
+自然の恵みに感謝し、自然の中で生きる術を体験できるから。
子どもにとって

近所の友だちの家にホームステイしていた東京から来た高校生の女の子が空を見上げて言っていました。「この辺りは星が綺麗ですね。」
確かに家の近所でも綺麗ですが山の中の国立公園にいくと格段に星の数が違います。
星の明かりってこんなに綺麗なんだとうっとりしてしまいます。

東日本大震災から早2ヶ月が経とうとしています。
未だに行方がわからない方もたくさんいらっしゃって本当に心が痛みます。

時折考えるのは、私達人間がが科学技術を使って自然界に存在していない物を作って使っていることです。原子力発電もその1つですが、目先のエネルギーを得るために支払う代償は本当に計り知れない物だと思います。

キャンプに行くとシンプルに暮らすことの大切さと喜びを実感できます。
2泊ぐらいのキャンプではシャワーはしませんが今回は4泊のキャンプ。
シャワーバッグを買ってもって行きました。
シャワーバッグとは簡単に言うと片面がくろいビニール製の水を入れる袋で吊るして水浴びが出来るようになっています。
水を入れてお日様の下に置いておくと水が温かくなり温水シャワーができると言う代物。
3日目にどうしても髪の毛が洗いたくなり始めて使ってみました。
本当に水が温かくなって、本当にチョロチョロと少しずつ流れる水を使って髪を洗ったら気持ち良い!
普段家で当たり前のように使っているシャワーですがきっともっと回数を減らしたり、時間を減らすことが出来れば水やエネルギーの節約になることを実感。
太陽の光に感謝です。
夜はキャンプファイヤー(焚き火)をします。
*キャンプ場によっては禁止のところもあるので注意。
火の傍はあったかいし、なんともいえないオレンジ色の火の色やパチパチと音を立てて燃える薪を眺めるだけでゆったりした気分になります。
火をおこす方法や、どんな木が燃えやすく焚き火に適しているか、学ぶ事がたくさんあります。焚き火はパパ担当ですがなんでも初心者だったパパもずいぶん勝手がわかって上手になりました。子どもと一緒にいろんな体験ができて一緒に成長できるって素晴らしいです。
自然の中では何のおもちゃがなくても子どもは良く遊んでくれます。
花摘み、砂遊び、草木を使っておままごと、貝殻集めに水遊び、本当に黙々と遊んでくれるので親ものんびりできます。
最近シュタイナー教育の本を読んでいますが、共感する事が多く、なるべく自然の中でそれが難しい時は自然の物で遊ぶ機会を作りたいと思います。

準備や後片付けはそれなりに時間がかかりますがキャンプが私達の一番のお気に入りのホリデーです。
冬へむかって日に日に寒くなりますが冬支度をしてまたキャンプに行きたいと思います。
by aupokapoka | 2011-05-06 09:17 | アウトドア